サン・クロレラ クラシック 2006

大会ロゴ

大会記事

地元・北海道出身の高見和宏がホールインワン

  • photo1

7番ウッドで打ったティショットは、手前からカップに転がり込んだが、「老眼で見えませんでした」と笑った。
髙見和宏が230ヤードの17番パー3で、ホールインワンを達成した。

地元・北海道出身。
期待にこたえようと、気合が入っている。
「だからかえって空回りしてしまって・・・」。
風邪をひいていることもあり、スコアこそ6オーバーと出遅れたが、その分、快挙達成で地元ファンを喜ばせた。

「明日はせめて、2アンダーで回りたい。・・・ゴルフは何が起きるか分からないですからね」。
ミラクルを起こしたばかりの選手のコメントだけに説得力がある。

株式会社トーシン提供の17番のホールインワン賞200万円は決勝ラウンド2日間のみ適用されるが高見には“ご褒美”として、同社から20万円が贈られた。


※当初、このページが前述の小田の記事とダブっておりました。訂正してお詫びいたします。

» 前のページに戻る

関連記事

広告