ブリヂストンオープン 2006

大会ロゴ

大会記事

横尾要「みんなの期待に、答えられたかな?」

  • photo1
  • photo2
  • photo3

横尾は「良いプレーをすれば、同時に社会貢献ができる・・・。それが、僕らの励みになる」と話した。宮里優作は、「僕のジュニア時代はなかなかボールをいただける機会がなかったから。僕のプレーが、子供たちの助けになれれば」と、話した。

今大会主催のブリヂストンが、今年8月のサン・クロレラ クラシックから始めたチャリティ活動。
大会の最上位につけた同社の契約選手は、最終日のバーディ(以上)数×2ダース分の同社ボール「ツアーステージ Ⅹ-01」シリーズを、ジュニア関連団体に寄贈できることになっている。

今週このホスト大会では横尾と優作が最後まで争って、横尾がその権利を得た。

最終18番で残り260ヤードをスプーンで、ピン左手前9メートルに2オン成功。
このイーグルパットをど真ん中から決めた(=写真上)。
先に通算14アンダーで上がっていた優作を土壇場で抜いて、3位タイ浮上。

この日奪ったバーディ(以上)数は、最後のイーグルを含めて5個。
10ダース分の寄贈に成功だ。

日ごろからチャリティ活動やジュニア育成に力を入れる。
今大会開催直前の16日(月)には、母校の豊島区立要小学校に、スナッグゴルフのコーチングセットを寄贈したばかりだった。

そのとき、子供たちに「テレビで応援している」と言われて発奮。
「みんなのためにも頑張りたい」。
その一心で、のぞんだ最終日。

前半、たびたびチャンスを外したばかりか6番では、バンカーのアゴにくっついたショットを無理に打って林に打ち込みダブルボギー。
「今日は苦しいゴルフが続いたけれど。最後のイーグルでなんとかみんなの期待に答えられたかな・・・?」。

子供たちの目を常に意識しながら、精一杯に戦った1日だったようだ。

写真中、下=2色のシリコンバンドが、このチャリティ活動に賛同しているという証し。
黄色のバンドは「ツアーステージ NEW X-01」、赤は「ツアーステージ NEW X-01H」のイメージカラーを表しており、該当選手の使用ボールを寄贈することになっている。

写真下=“赤”の優作は今回、残念ながらブリヂストン契約の最上位とならなかったが「初優勝もあとひと押しという感触もあるし、ツアー後半戦もできるだけたくさんバーディを取って貢献できるよう頑張ります!」

※ブリヂストン契約プロによる「ツアーステージ X-01」シリーズのジュニア団体への今季寄贈実績は、今回のブリヂストンオープンを合わせて計9試合で90ダースとなりました。


» 前のページに戻る

関連記事

広告