カシオワールドオープン 2004

大会ロゴ

大会記事

片山晋呉、自身2度目のキングの座にむけ正念場

  • photo1
  • photo2
  • photo3

現在、賞金ランクトップに立つ片山が、もし今週のカシオワールドオープンで優勝し、かつ賞金ランク2位の谷口徹が単独2位に入れなければ、2000年以来2度目の賞金王が確定する。

が、当人はいたって冷静なもの。
「いまさら、もう何も言うことはないよ。・・・だってこの1年、そのために一生懸命、練習してきたわけだからね」。

4年ぶりのキングの座は、シーズン開幕前から掲げていた目標だった。
特にシーズン終盤は原因不明の体調不良で、「立っているのもやっと」という状況の中、渾身のゴルフでトップを死守して、いよいよ、このクライマックスを迎えたのだ。

泣いても笑っても、ツアーは残すところあと2試合。
「…やるだけのことは、もう十分やってきた」という確かな自信が、いまの片山を支えている。

体調不良をきっかけに、1ヶ月前から伸ばし始めた無精ひげ。はじめは単なる気分転換のつもりだったが、ここにきて新しいアイディアを思いついた。

「…決まったら、来週の18番ホールで剃ろうかな…」。
賞金王のお祝いに、次週最終戦のゴルフ日本シリーズJTカップの最終日、最終ホールで大観衆を前にさっぱりと、ひげをそり落としてしまおうか、とも考えている。








» 前のページに戻る

関連記事

広告