カシオワールドオープン 2004

大会ロゴ

大会記事

ジャンボ尾崎は自己ワーストランクで最終戦を終えた

  • photo1

ジャンボにとっても、このカシオワールドオープンが、事実上の今季最終戦。最終日は後半の7番で、「この1年のあくが出た」5メートルをまさかの5パットで、トリプルボギーを打って36位に沈んだ。

73年にシード入りしてから、賞金ランクでトップ10を外したのは6回しかない。うち、トップ20を外したのは28位に終わった1981年のわずか1回だけ。

賞金ランク55位は、ダントツの自己ワースト順位だ。

しかし57歳は、気力を振り絞って言いきった。
「来年、必ず立て直す。間違いない」。笑みさえ浮かべて、指宿を去った。

» 前のページに戻る

関連記事

広告