ダイヤモンドカップトーナメント 2003

大会ロゴ

大会記事

「思い出深い大会で、今年も一生懸命頑張りたい」ディフェンディングチャンピ オン・中嶋常幸

  • photo1
  • photo2
  • photo3

この日水曜日のプロアマ戦。18番のフィニッシングホールから上がってきた昨年度覇 者が思わず悲鳴 をあげた。
「“助けて~”“もう、やめて~”と言いたくなっちゃった(苦笑)。特にここの上 がり3ホールは日 本一の難しさ!」」
今年開場50周年を迎える大洗ゴルフ倶楽部はタイトなフェアウェーサイドに、密集し て生える黒松林 と砂地に生い茂る深いブッシュ、さらにすぐそばの鹿島灘から吹き付ける強い海風 ・・・。ただでさえ「 難攻不落」と畏れられるコースが、さらにトーナメント用に仕上げられたのだから、 「ほかに例えよ うがないくらいに難しくなる」(中嶋)。

特にあがり3ホールは、245ヤードと距離もたっぷりとある16番パー3など、コースの 難しさがぎゅっと凝縮されている。「パー、パー、パーで上がれれば、2アンダーくらいのイメー ジ。とにかく、ひた すら耐えるしかない」と、コースを前に口から出るのは、悲観材料ばかりだった。

とはいうものの、中嶋はこの難コースで開催された86年大会のチャンピオン。また、 「非常に思い出に残る試合だった」と振り返る昨年の今大会で 7年ぶりの復活優勝のほか計4勝。28年間の プロ人生において も、中嶋にとって「非常に相性の良い大会」のひとつが、このダイヤモンドカップ トーナメントなのだ。「 昨年の今ごろより、状態こそよくないが、ゴルフは何が起きるかわからない。今年も 一生懸命、頑 張りたい」。
連覇を狙う48歳が、本番を前に気合いを入れなおした。

» 前のページに戻る

関連記事

広告