ブリヂストンオープン 2002

大会記事

「見通しは明るい」

  • photo1
  • photo2

この2位タイで賞金ランク3位に食い込んだ、片山晋呉

18番のバーディパットで、「決まった!」という確信のポーズ(=写真)。
だが、ボールは無情にもカップを行き過ぎると、片山はガックリと、肩を落とした。
「3打目はね、どうもヤーテージを間違えたみたいで寄せきれず…。ここ18番と16番は取らないといけないホール。それだけに、悔しいよね。1打差でしょ」



前の17番でも、チャンスはあった。
手前5メートルのバーディパット。
レイコックを捉える最後のチャンスも掴みそこねて、「あれが入っていたら、ほんと、面白くなっていたんだよなあ…。言っても仕方ないけど」と、頭を振った。

それでも、この2位タイで、賞金ランク3位(海外獲得額含む)に食い込んできた。
一昨年は、シーズン終盤での3勝で、賞金王への道を駆け上がった。
そのとき争った相手も、谷口徹と佐藤信人だった。
当時の“役者”たちが、再びトップ3で、顔を揃えた。
現在、トップの谷口と約5500万円差について片山は、
「う~ん、今年は来週の結果次第かな。見通しは明るい。頑張りますよ」
2年ぶり、2度目の王座奪還へ。
照準は、定まった。

» 前のページに戻る

関連記事

広告