ブリヂストンオープン 2002

大会記事

「来週につながる、1ストローク差」

  • photo1

2位タイの谷口徹


18番は、長い長いバーディパット。
それが、レイコックを捉える最後のチャンスだった。
狙いすましたストロークは、まっすぐカップに向かっていった。
「入った!」と、確信したギャラリーの歓声は、次の瞬間、悲鳴に変った。
ボールは、わずかにカップをそれて、通り過ぎた。
「僕も一瞬、決まったと思った。先に入れてレイコックにプレッシャーを与えられる、と思ったんだけど…」
タップインで先にパーパットを沈めた谷口は、静かに勝者に、その場を明け渡した。

18番に限らず、この日は、悔しい場面が数々あった。
それは、特に上がりホールに集約されていた。
16番のパー5は、1メートルのバーディパットが決められず、最大のチャンスをフイにした。
17番パー3でも、右5メートルのチャンスを逃した。
「なんとか、プレーオフにして勝ちたいと思っていたんですけどね…」。
最大の敗因は、「16番で、レイコックに2オンされたことかな」と谷口。
「彼は大きなミスもないし、ショートゲームが抜群にうまかった。仕方ないです」と、チャンピオンを称え、1打差の2位タイには、「来週につながる、1ストローク差です」と、気持ちを切り替えていた。


写真=最終18番、長いバーディパットは、本人も「決まった!」と思ったが・・・

» 前のページに戻る

関連記事

広告