ダイヤモンドカップトーナメント 2002

大会記事

< 上位選手のトピックス&コメント > 「やってしまいました…」

  • photo1

 一時首位に並んだ宮瀬博文は上がりの2ボギーで失速、2位タイ
 一時、首位に並んだ宮瀬は、中嶋と、接戦で18番になだれ込むはずが、16番パー3のクラブ選択ミスで、ブレーキだ。
 「5番で打つはずが、4番で打ってしまった…」
 悔やんでも悔やみきれないティショットは、グリーン奥のバンカー横にこぼれた。
 足場だけがバンカーという窮屈な姿勢でのアプローチは、寄せきれず。3メートルのパーパットも、決められなかった。
 さらに、1打差で迎えた18番は、ティショットを左の林へ。
 ベアグラウンドからの第2打は、フェアウェーに戻すのが、精一杯。
 パーパットは、右から10メートル。
 上がりホールで、手痛い2ボギーに、「やってしまいましたね」と、苦笑いを浮かべながらうなだれた宮瀬。
 「20アンダー取るつもりでスタートしたけど、3つ足りませんでした。ベストは、尽くしたんですけど…」
 喉から手が出るほど欲しかった、2年ぶりのVは、ひとまずお預けとなった。

» 前のページに戻る

関連記事

広告