中日クラウンズ 2001

大会記事

▼ 上位選手のコメント 「明日は、自分からチャンスを作る」

  • photo1

ダレン・クラークが狙うは、日本初V


 17番で、手前から9メートルのバーディパットを沈めたクラークは、同組のディーン・ウィルソンにむかってニヤリ、と笑って見せた。
 ウィルソンは、先にクラークより長い右からのバーディパットを決めていた。
 だが、リードを奪った直後にすぐに並ばれ「自分のパットも、60センチブレイクするような難しいフックライン。まさか入るとは思えなかったけど、彼もまさか、入れ返してくるとは・・・」一応、笑みを返したが、「しょうがないな」というように、ウィルソンは肩をすくめる。
 続く18番、クラークの126ヤードの第2打。
 サンドウェッジで打った球は、ピンの根元に落ちると強烈なスピンで、手前2メートル。
 これをがっちり沈めて、あがりの2連続バーディに、「最後は、良い形で締めくくれましたね」と、本人も満足げだ。


 「最後は、カップだけを狙っていきました。サンドで思い切りショットしたため、強烈にスピンがかかってしまったんですけど・・・。
 今日は、フロント9をとてもよい感じでターンしたのですが、とても寄せられないような、難しいピン位置のホールもあり、8番ホールからは平均的なプレーでしのぎましたね。
 昨日より、とにかく良いプレーがしたかった。今日はスコアも伸ばすことができて、非常に満足しています。要因は、フェアウェーキープ。それがなければ、今日のスコアは出なかったでしょうね。
 日本では、ずっと優勝を逃してきました。今回は、絶対に日本で勝つつもりで来たんです。
 先週は、欧州ツアーで3日目までトップ。でも最終日に79をたたいてしまいました。
 明日は79なんてスコアをたたかないよう(笑)、チャンスを待つのではなく、自分で作っていって、優勝を狙っていきたいと思っています」

» 前のページに戻る

関連記事

広告