中日クラウンズ 2001

大会記事

▼ 最終日、トピックス 「やっぱり、500円のパターはダメ!!」

  • photo1

2位タイの横田真一


 17番で右から4メートルのバーディパットを沈め、通算9アンダーまでスコアを伸ばした横田。首位を走るクラークとは、その時点で2打差だった。
 もうひとつ縮めておきたい一心で打った18番の第2打は、ピン左2メートルにピタリ、バーディチャンスだ。
 前日から、「ショートパットが入らない」と嘆いていた横田は、後方から、前方から、さらに上から覗き込むようにして、慎重にラインを読んだ。
 だが、500円で手に入れた中古のパターは、大事な場面で威力を発揮せず、ボールはカップをわずかにそれた。
 「やっぱり、ああいう、勝負どころのパットが決められないと優勝はムリ。ショットが良かっただけに、今週は残念ですが、また頑張りたい」
 この悔しさを今後につなげる。

» 前のページに戻る

関連記事

広告