つるやオープン 2001

大会記事

▼ 2日目、トピックス 「わくわくした気持ちで・・・」

  • photo1
  • 「昨日より風が強くて、ティグラウンドに立ってもどっちから吹いているのか判断しづらかった」と渡辺。上空を見上げ、風を読む表情は真剣そのもの。

昨年、コースレコードを63に塗り替えた渡辺司が今年も好位置


 昨年のこの大会2日目に、10バーディ(1ボギー)を記録して、コースレコードを63に塗り替えたのが渡辺司だ。


 「去年はね、初日にいきなり76もたたいちゃって、ちょっとふてくされてたんですよね。それでもう2日目は、『ぜったいにも予選落ちだ!今日は来週にむけての練習だ!』とか言って、ちょっとやけくそになってて・・・。そしたら、今度は10バーディも出ちゃう“ゴルフの不思議” 人間、縛られてるものから開放されると、突如として何が起きるかわかりません」と、昨年の快挙をなつかしげに振り返る渡辺。
 しかし今年は、初日69、2日目はノーボギーの68と着実にスコアを伸ばしているだけに、「こういうときは、とてもじゃないけど昨年のような気持ちにはなれません」と苦笑い。


 「昨日今日と、オーバーパーにした瞬間が一度もなく、少しずつ少しずつ順位が良くなってきてるって感じ。・・・こういうふうに上位に上がってきたときは、とても昨年の2日目のような思い切りのよい気持ちにはなれない・・・おかしなもんです(笑)」


 通算7アンダーは、首位と6打差。2位タイで決勝ラウンドに突入だ。
 「上位にいればいるほど、ゴルフはわくわくした気持ちでやれるんです。2日目に、この、“わくわく”の位置にいられることを喜びつつ、最終日にさらに、“わくわく”できる位置にいられるよう頑張りたい」と、話した。


» 前のページに戻る

関連記事

広告