ゴルフ日本シリーズJTカップ 2001

大会記事

2001年シーズン最後のチャンピオンは、宮本勝昌 98年大会から2度目のVに、「あのころより、さらに成長しての優勝です!」

  • photo1

 「これまでは、ゴルフの出来が100%でないと勝てなかった僕ですが、今回の優勝は、『たとえ80%の出来でも勝てるんだ』ということを、実感させてくれるものでした。技術面はともかく、98年の今大会で勝ったときよりも、気持ちや精神面で少しは自分も成長できているのかな、と感じられる、今回の優勝です。
 18番グリーンで、こうして多くのファンのみなさんに迎えていただけことはプロゴルファー冥利に尽き、また、みなさんから、『おめでとう』と祝福していただけるこのときこそが、本当にプロゴルファーをやっていてよかったと、心から思える瞬間でもあります。
 いま、日本を含めて世界中で、大変な事件が起きていますが、今週は、雅子さまのお子様ご誕生という嬉しいニュースもあって、・・・僕のゴルフとは、それほど関係ないのかもしれませんが(笑)、今週を機会に世界の景気が良くなることをお祈りして、僕の優勝の挨拶とさせていただきたいと思います。
 みなさん、本当にありがとうございました。これからも、宮本の応援を、よろしくお願いいたします!」

» 前のページに戻る

関連記事

広告