タマノイ酢よみうりオープン 2001

大会記事

「イーグルが、欲しかった」

  • photo1
  • photo2
  • photo3

この日最終日は、父の日。宮里聖志はあと一歩で初Vを逃したが、「父の前で良いプレーを見せられてよかったかな・・・」


 あと1打で、プレーオフ。2打で、逆転初V。
 18番、宮里は、最後まで緩むことなく果敢に攻めた。
 残り250ヤードの第2打は、「スプーンで低めに行ったら、ショートした」と、2オンには失敗したが、グリーン手前からのアプローチは、ただ、カップ一点だけを狙っていった。



 強気で打った第3打のアプローチは、惜しくもカップをそれて奥へオーバー。
 バーディパットも決められず、プレーオフ進出にはあと一歩、及ばなかったが、ギャラリースタンドからは、「ナイストライ!!」の掛け声も飛び、満員の観衆に、宮里は、笑顔で応えていた。



 「16番でバーディが取れた段階で、あと2つ取れればと思った。トップとの1打差は、17番のボードで知りました。パットは臆することなく、自分らしく行こうと思った。
 とにかく、攻めて行こう、と・・・。
 18番は、イーグルが欲しかった。でも、ティショットが昨日よりぶれてしまって・・・。本当に悔しいですね。
 まあ・・・、練習不足ということです。
 応援にきてくれた父(優さん)からは、激も飛んでいました。
 前半は、悪かったけど、後半から開き直ってやろう、と決めたら、すごくプレーが楽しかった。少しは親の前で、良いゴルフを見せられたかな。
 ・・・これからも一番上を目指してやるだけです」

» 前のページに戻る

関連記事

広告