ダイヤモンドカップトーナメント 2001

大会記事

▼ 上位選手のコメント 「今日は燃料切れ・・・」

  • photo1

藤田寛之は、ショットに不安を感じながらも首位を死守


 「出だしは、いつもの自分に戻ったみたいでした。
 昨日までは、フェアウェーに行ってくれて、楽をさせてくれたティショットが、今日は1番から右ラフ。5番アイアンでのセカンドは木に当たって、ボギー・・・。スタートしたとき、伊沢さんが6アンダー、ジャンボさんもいたし、全体的なスコアも伸びていたので、プレッシャーがあったかな。
 最後まで、プレーは落ち着かず、ティショットもアイアンもうまくいかず、最悪な方ばかりに行っていた。


 2日目まではアンダーパーのゴルフができたけど、今日は自分のゴルフが出来ずに、燃料切れ。そういう中での今日のパープレーは、違った意味で、まずまず合格点といったところでしょうか。


 今日は、ショット、特にティショットに不安が出てしまいました。
 僕は、もともとスライス打ちだったのですが、最近は、それをやりすぎてひっかけたり、こすったりしていました。
 それを修正するために、今、ちょうどスクエアに直しているところなんですが、まだ自信がないので、昔の癖が出て、左に行ってしまうことがある。
 スライス打ちの人は、普通は、思いきって体をフル回転させれば、左に行く心配がないのですが、修正中の僕には、まだ、左に行かないイメージが沸かないんです。
 今日はその不安が出た。明日は、プレッシャーがある分、余計怖いですね。


 でも、前半はミスショットでもったいないボギーも叩いてしまったけど、今日の後半は耐えたゴルフが出来たと思う。
 伊沢さんは、やっぱり、伊沢さん。ジャンボさんもスコアを伸ばしてきて・・・。今のゴルフ界で、ジャンボさん、伊沢さんを倒して優勝できれば、一番、絵になるんじゃないですか?」

» 前のページに戻る

関連記事

広告