タマノイ酢よみうりオープン 2000

大会記事

桑田真澄投手の弟、桑田泉がツアーデビュー

桑田泉は、あの読売ジャイアンツの桑田真澄投手の弟だ。兄同様、野球でプロの世界を目指していたが、故障で断念。それでも「やはり兄の影響か、『自分もスポーツの世界に身をおきたい』と考えるようになり」94年に渡米。米国と日本、両者の環境の違いに戸惑いながらも、必死でゴルフ修行を積んできた。
昨年のクォリファングトーナメントしたが、セカンドステージで予選落ち。今大会は、セカンドクォリファイングトーナメント進出の資格で主催者推薦を受けてのデビュー戦となる。
「尊敬する兄からは、『自分の色を出せ』とはっぱをかけられた」という桑田の夢はかなうか。与えられたチャンスを最大限に生かそうと桑田泉が『よみうり』の地で初ティーオフする。
★桑田泉のはなし
「今大会に出場できる機会を与えていただき、本当にありがたく思っています。現在は、アプローチに重点をおいて練習していますが、試合経験が少ないために、コースマネージメントや自分のコントロールがまで出来ていない。勉強中の今は、常に1 ホール1ホール、1球1球集中してプレーするだけ。試合では、自分ができることを精一杯頑張ろうと思っています。このチャンスで自分がどこまで出来るのか、とても楽しみにしています。
兄の真澄は、『尊敬できる人』また、『いつかは超えてみたいと思う人』です。自分も、プレー面においても、私生活においても『プロフェッショナルだ』と周囲に思われるような、目標にされる人間になりたいと思っています」
★ 桑田泉プロフィール
1969年11月25日生まれの30歳。大阪府八尾市出身。体重177センチ、体重77キロ。
小学2年のとき野球を始める。投手として、名門・PL学園高校に入学したが、3年生のとき故障で野手に転向。88年に青山学院大学に野球部入部。4回時は、7番センターとして活躍した。93年卒業後は故障で、野球の道を断念。94年に本格的ゴルフ修行のため、ハワイ、サンフランシスコに渡った。
96年に帰国後、レッドベターゴルフアカデミーに入学。99年JGTOクォリファイングトーナメントに挑戦したが、同・11月に行われた茨城県のロイヤルCC会場でのセカンドステージで予選落ちした(104位)。
ベストスコア68。ドライバー平均飛距離は270ヤード。好きなクラブはパター。血液型A型。

» 前のページに戻る

関連記事

広告