NST新潟オープンゴルフ選手権競技 1999

大会記事

伊沢利光、先週のアイフルに引き続き、2週連続Vを達成!

  • photo1
  • photo2

「今年は、1勝するのが目標だった。それが果せたから、今度は2勝目を目標にがんばる」と、先週のアイフルカップで優勝した余韻をひっさげて、伊沢利光は新潟に乗りこんできた。初日に64をマークして首位に立つと、そのまま、最終日まで独走状態。まさに完全試合の2週連続V達成。打ちたてたばかりの“2勝目”を早くも手に入れた。
 
 「まさかこんなに早く勝てると思ってなかったんで…困っちゃいましたね。どうしましょうって感じですよ。先週、勝ったばっかりで、今週もまた勝てたなんて、ピンとこない。きっと、きょうの帰りの電車の中あたりで、実感がわいてくるとは思うんですが…」
 
 最終日は、2位の東に5打差の通算17アンダーからのスタート。
 難関ホールの続く前半、1番ロングから6番ショートまで無難にパーで切りぬけた伊沢は、7番ショートでピン右横5メートルを沈めて、ようやくこの日、初のバーディ。通算18アンダーで、2位以下をさらに引き離す。

 「2番、3番、6番はボギーが出やすいホールなんで、ここをなんとかパーで上がろうと思ってはいたんですが、別に守ろうとかいう意識はなかったんです。
 あまり守ってばかりいると、かえってすぐにボギーが出て、切り替えがうまくいかなくなり、伸びずじまいになってしまうと思ったので、ずっと、攻め続けていましたよね。
 7番、9番でバーディが来ていい感じになりました」

 折り返しの10番でボギーを叩いたが、11番をバーディとして取り返す。
 しかし、12番ミドルホールでこの日、最大のピンチ。第2打で池ポチャだ。打ちなおしの第4打はピンまで5メートルのグリーンエッジへ。
 ダブルボギーも覚悟したボギーパットはカップに滑りこみ、“ケガ”を最小限に抑えた。
 「12番をボギーでしのげたことが大きかったですね。そのあと、(右にドッグレッグした難易度5位の)14番ホール(424ヤード)のティショットがフェアウェーに行って、そこではじめてホッとしました」
 
 18番、515ヤードのロングホールは、5番アイアンでピン奥6メートルに2オン。これを2つで沈め、バーディで快心の4日間を締めくくった。

「きょうのゴルフの内容は、90点くらい。きょうは特別暑くて、疲れましたよ。先週の疲れもまだありましたしね。
 でも、勝った翌週にカッコ悪い成績は出したくないので、10位内には入れるようにと頑張りました。5打差で迎える最終ホールはほんとうに気が楽でしたよ。2勝目はこんなにも早く達成できたから、次の目標は3勝目。賞金ランキング3位内にも、入りたいですし。
 (師匠の)ジャンボさんが、非常に期待してくださってるのをひしひしと感じるので、これからも1打1打を大切に練習に励みたいと思います。そして、次はぜひ、ジャンボさんが出てる試合で勝ちたいですよね。
 きっと、次に会ったとき、おめでとうくらいは言ってくださるとはおもうんですが、“でも、“オレが出てなかったから勝てたんだよな”のひとことも、必ずあるような気がするんですよね(笑)」

» 前のページに戻る

関連記事

広告