フジサンケイクラシック

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

ケンシロウには負けられない。シュウゴに火が付いた

2年連続賞金王が、再び名乗りを上げた。 今平周吾が、今シーズン1勝。 首位と3差の3位で出て、最後は4差の圧勝だった。 賞金ランクは6位に浮上。 青木功、ジャンボ尾崎、片山晋呉に次ぐ史上4人目の3シーズン連続賞金王に、一気に現実味を持たせた。 この日、静かな闘志に最初に火をつけたのは、屈指の5番パー4だ。 2打目をグリーンの奥に外した。 「ボギー、ダボもある。一番外しちゃいけない ...

靴のサイズは29センチ。ケンシロウが大いに名前を売った1日

開幕初日の朝に繰り上げ出場を果たすと最終日にV争い。  ...

「64」のベストスコアでサクラサク。大岩龍一

4度目の挑戦で、「一生出せないようなスコアが出せた」と、プロ3年目の大岩龍一。  ...

DAY 3

プロに紛れて@杉浦さん。最終日はマルチな生放送で

3打差の通算5アンダー、3位タイから追うのは4人。 韓国のH・W・リューは、2017年大会の覇者。「ここに来るとどんなに不安があってもいいスコアが出る気がする」と、全長7566ヤードの難コースで39歳のベテランも気を張る。 プロ11年目のツアー2勝目を狙う大槻智春は、第3ラウンドで距離のあるホールに対応するドライバーを2本入れて、度重なる難をしのいだ。 右 ...

20代最後の優勝へ。石川遼が2打差首位

大会3度目の頂点へ。石川遼が手をかけた。最終日を前に、2打差の単独首位で抜け出した。  ...

アタタタ、と急上昇。ケンシロウが2打差で追う

石川を、2差で追うのはケンシロウこと、池上憲士郎。  ...

DAY 2

濃霧中断の第3ラウンドは11時53分に再開

濃霧による視界不良のため、10時23分から一時中断していた第3ラウンドが、11時53分に再開しました。 1時間30分遅れたことにより、リュー、大槻、石川の最終組のスタート時間も12時40分ごろに変更となります。 <放送スケジュール(予定)> ■地上波(フジテレビ系列) 9月4日(土) 14時40分ー15時55分 (生中継、全国ネット) ■BSフジ 9月4日(土) 正午 ...

第2ラウンドが終了。石川遼が首位タイに

日没で順延した2日目に、最終9番ホールのプレーを残したイン最終組の3選手が7時30分から競技を消化し、第2ラウンドが終了した。  ...

金谷拓実の信念が揺れている

今季すでに2勝。アマ時も含めて通算3勝。賞金ランキングは現在3位。  ...

39歳のリューが語る、怪物コースのトリセツ

2日目にベテランの歴代覇者が、暫定の首位タイに立った。  ...

2日連続の順延。大槻智春が波乱の暫定首位タイ

富士桜はこの日も大雨。大会は、初日から2日続けて順延になった。第2ラウンドは、18時9分に日没サスペンデッドが決まり、インスタートで回る最終組の3選手が、最終1ホールのプレーを翌日に残した。  ...

9番でガッツダボ。星野陸也の初体験

昨年覇者が、ダブルボギーのガッツポーズで苦笑いだ。  ...

第1ラウンドで初首位もケロリ。今野大喜は叔父さんゆずり

名前に似合わずいちいち一喜一憂しないのは、叔父さんゆずりだ。  ...

1シーズンに2度の幸せ…。フジサンケイクラシックをマルチに堪能

同一大会が、1シーズンに2度もあるという幸せを選手たちは噛みしめる。  ...

DAY 1

第1ラウンドが終了。今野大喜が単独首位に

濃霧による視界不良のため、持ち越された第1ラウンドの残り競技が終了し、プロ3年目の今野大喜(いまの・だいき)が2位と2打差をつけて、自身初の単独首位に立った。 早朝6時半に6番の2打目から再びコースに出ると、次の7番から連続バーディ。最後9番で、6メートルにつけたバーディパットも惜しかった。 2日間かけて、8バーディ2ボギーの「65」を記録し、6アンダーでこのまますぐ第2ラウンドを開始する ...

今週は富士のふもとで相合傘。ビンセントは2週連続Vも仲良く

アツアツの福岡から、今週は富士のふもとでアイアイ傘だ。  ...

初日は順延。濃霧による視界不良のため

昼過ぎに一度、競技が止まった初日の第1ラウンドは、16時57分に、再び濃霧による視界不良のため中断。  ...

ジャスティン、誕生日おめでとう

初日は大雨。午後から深い霧も加わった。  ...

遼さんに感謝。アマの杉浦悠太さんが3アンダー、暫定6位

プロも手こずる難コースで、日大2年のアマチュアが「68」の3アンダーで初日を回り終えた。  ...

ライバルはミュージックティーチャー。「有名になりたい」古川雄大の出世欲

全長7566ヤードの難コースが、昨年とまるで違って見えている。  ...

PREVIOUS

目下1位の2ショット。星野VS大岩。どちらもよく飛びます

開幕直前の富士桜で現在ランク1位の2ショット。 右が、大岩龍一。プロ3年目の23歳。 現在、総合力を評価する「メルセデス・ベンツトータルポイントランキング」で1位を走る。 2021年は、開幕から出場5戦でトップ10を続けた。 賞金ランキングは現在、20位と初シードに当確ランプを灯した。 だが、先週まで2試合連続で予選落ち。 「調子が悪い…」。 この日の練習ラウンドを契機に、流 ...

20代最後の試合。石川遼はなにを思う

いよいよ9月の声を聞き、カウントダウンが始まった。  ...

「頼むよ、ゲンちゃん!!」(選手会便り番外編)

やっと直接、お礼をお伝えすることができた。  ...

小浦和也がトップ通過(マンデートーナメントを開催)

コロナ禍の再開初戦に踏み切った昨年大会から1年。  ...

有観客開催のお知らせ

「49thフジサンケイクラシック」は9月2日から4日間にわたり、山梨県富士河口湖町の富士桜カントリー倶楽部で開催されます。  ...

広告