パナソニックオープン 2018

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

インドのラヒル・ガンジーが14年ぶりのV2

39歳のインド人がビックリした。「ここに来るまで、14年もかかった。僕がまた勝てるなんて・・・。いまだに信じられない」。 日亜共同主管の今大会で、ガンジーがアジアンツアーは14年ぶりの2勝目、日本ツアーは初勝利で優勝賞金3000万円を手にした。 資金さえ貯まれば来季にも、QTから挑戦したいと思っていた。日本ツアーのシード権をも手に入れまた驚いた。 ここに来るまで昨年末から数えて5試合連続 ...

★JGTO TV★

★JGTO TV★ではJGTOオフィシャルInstagramやFacebookそしてYou Tubeと連動して最新の映像をお届けいたします。  ...

“初代王者”もインド人

日亜共同主管の大会で、インド勢が表彰式を席巻した。勝者とともに席についたのはシーブ・カプール。  ...

川村昌弘が「勝っちゃいたい」

思い出のコースで川村が、今平と並んで日本人最上位につけた。  ...

今平周吾はもうキレない!!

若い川村とともに、日本人最上位につけた周吾。先週の国内開幕戦での反省を生かした。  ...

石川遼がもみくちゃの最終日

幾重にも連なるものすごい人垣の中で、新選手会長が感慨にひたっていた。  ...

大学4年生の「幸せな1日」。アマの白石大和さんが石川とラウンド

コース近郊にある大阪学院大の4年生が、最終日の茨木で、「刺激的な1日」を堪能した。  ...

DAY 3

3年住んで実感?! 地元関西在住の金亨成(キムヒョンソン)が狙う3年ぶりの通算5勝目

目下、37歳の目標は「40歳半ばまで優勝出来る選手でいること」。それだけに、この日同組で回った片山晋呉のゴルフに見惚れた。 「あそこから・・・普通なら考えられないですよね!」と、僭越ながら本人にも伝えた。 目を剥いたのは、片山が11番で右OBのトリプルボギーを打ったその後だった。 「普通の人ならおかしくなるところ。(上位から)いなくなりますよね。でも先輩は違った」。 そのあと、バー ...

45歳のシンゴは「ゴルフが若い」

アジアと日本の精鋭が集う大会で、5度の賞金王が劇的カムバックを演じて「こういう自分が好き」。  ...

今季国内初戦。池田勇太が7位浮上

日亜共同主管の今大会に、はるばるシンガポールからかけつけた。アジアンツアーの広報カルビンさんから上がってすぐ取材を受けた。  ...

神様が終盤の失速を叱責。古田幸希はトップ5入りが目標

ホールアウト後に、大先輩と共に立ったお立ち台。東北福祉大の7つも上の池田は、もはや「神様のような人でした」。  ...

未来のリポーターが茨木で活躍

子どもたちには1番ティの特等席!キッズ観戦エリアで、みんなで石川遼のティショットを見送ったり、この日は午後からジュニアレッスン会などなど。  ...

パナソニックオープン キッズエリアのお知らせ

パナソニックオープンでは、4/22(土)・23(日)に小学生と中学生を対象としたキッズエリアを1番ティに設けます!  ...

今年も最終日の“打ち上げパーティ”を開催

感動の勝者が決まる瞬間。感極まる優勝スピーチ、表彰式と、チャンピオンの恒例行事が済んでも、まだ終わりじゃない!!  ...

DAY 2

星野陸也がお立ち台

この日のリーダーとして、尊敬してやまない先輩と“お立ち台”に立った。新選手会長が発案してスタートしたホールアウト後の公開インタビューで、星野陸也は恐縮したのなんの。 石川遼が、大観衆に向かって自分をべた褒め。 「僕のプレーより、陸也のプレーを見たほうがよほど一見の価値がある」と、言われてブンブンと首を振りつつ、「光栄です」と、謙遜しきりだ。 それでも賞賛の声はやまず「陸也は飛ぶだけじ ...

石川遼は5打差

国内2戦目も選手会長として、また選手として相変わらず大忙しだ。  ...

V争いに残った!! 木下稜介の悩ましい胸の内

ファンサービスと、成績と。まだシード権もないQT組には、悩ましい選択だ。一時は通算9アンダーで、単独首位に立った木下。  ...

もうオジサン?! 金亨成(キムヒョンソン)の目標は

午前組のクラブハウスリーダーで上がった人気者。「ひょんそーん!! 久しぶりぃ」。  ...

トーナメントで贅沢さんぽ。インサイドロープツアーが好評

今年のキャッチコピーは「見に来た人は、うまくなる」。パナソニックオープンが、新たに始めたファンサービスが、さっそく好評だ。光吉久さんと、久米井拓也さん、大木迪晴さんの仲良しコンビは大会のオフィシャルホームページでその情報 ...

ピンフラッグに、公開インタビュー。見逃せないイベントを観戦前にチェック!! 

先週の国内開幕戦からスタートした新選手会長発案の施策は、もちろん今週も・・・・・・!!  ...

DAY 1

サムライシンゴ。好調の秘訣はパナソニック社製のあの・・・

先週に引き続き、45歳の永久シード選手が好調だ。「今日もショットもパットも不安なくプレーが出来ている」と片山晋呉。前半の15番から、怒濤の6連続バーディを奪った。3番で、3パットのボギーも、6番で7メートルを沈めてすぐに獲り返して7アンダーで上がってきた。 先週の国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」は、アトムと、石川と最終日最終組で出ながらオーバーパーを叩いて5位タイと失速。 帰って自宅で ...

リッキーがドラディス日本一から盗んだ飛ばしの極意

若いが、名門コースの戦い方は心得ている。21歳の星野陸也。「難しいコースは嫌いじゃない。ここでいかに自分の力を試せるか」。  ...

遼と同い年のリョウスケ。青春が詰まったコースで木下稜介がイーグル締め

残り222ヤードから、5番アイアンでピンそば2.5メートルに乗せた18番パー5(542ヤード)は、最後のイーグルチャンスをねじ込み凜々しく拳を握った。  ...

ヨタヨタの久保谷健一が絶好のスタート

ハーフショットとも、言えない。まるで野球のバントみたいなショットで、昨年覇者が絶好のスタートを切った。「何年もこういうのを経験しているからね。慣れている」。45歳のベテランが、苦い顔で笑った。  ...

66で回ったのに川村昌弘はぷんぷん?!

朝から大勢のギャラリーを集めた初日。石川遼のラウンド直後も手伝い、クラブハウス前は大混雑。選手と写真が撮れるフォトサービスエリアも、長い列。  ...

ゆるゆるが鍵?! シード2年目の香妻陣一朗が5アンダー

シード2年目の今季はあどけなさも消え、顔つきもすっかり精悍になってきた。  ...

ロープの中から見るプロの世界は・・・。インサイドロープツアーを実施中

まさにトーナメントの聖域を体験できる・・・・・・?! 「パナソニックオープン」では、ロープの内側で選手のプレーについて歩ける「インサイドロープツアー」を実施中です。  ...

PREVIOUS

久保谷健一は、連覇どころじゃない?!

最後の下見を終えて、カップからボールを拾う姿が痛々しい。持病の腰痛も、今年は「まあまあ」と油断して迎えた国内開幕戦で、いきなりやった。 「最近はいいんだよ、と言ってた矢先に、朝からやった」と、先週の東建ホームメイトカップの2日目に再発。 もっとも、もう長いつきあいだ。 46歳のベテランは、つきあい方も心得ている。 「80点(80ストローク)は打たないで済む打ち方は、分かってる」。 極 ...

アトムは10万馬力のその後に

何はさておき家族が大好きなアトム。どんなに連戦が続いても、出来るかぎり熊本の自宅に帰り、子どもたちを幼稚園に送ってから、また次の開催地にむけて再出発する。  ...

今季国内初戦!! 片岡大育は「小平をお手本に」

日亜の精鋭がしのぎを削る今大会で、再びその存在感を示すチャンスだ。やはり、日亜共同主管で行われた昨年の「アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ」で、ツアー3勝目を上げた。アジアンツアーの賞金ランキングは11位に入り ...

日亜でしのぎを削る!! 今週、パナソニックオープン

ベテラン、久保谷の連覇がかかる。アジアと日本の共同主管「パナソニックオープン」は、19日に大阪府茨木市の茨木カンツリー俱楽部で開幕。  ...

マンデートーナメントを開催

久保谷健一が連覇を狙う。アジアと日本ツアーの共同主管で開かれる「パナソニックオープン」は今年、大阪府茨木市にある茨木カンツリー俱楽部が舞台。  ...

小平智は欠場

先週の「RBCヘリテージ」で米ツアー初優勝を飾った小平智は今週の「パナソニックオープン」で、凱旋出場を果たす予定だったが左肩痛のため、やむなく欠場するとの連絡が、主管する一般社団法人日本ゴルフツアー機構に入った。 ...

広告