ブリヂストンオープン 2006

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

手嶋多一が大会最多アンダーで今季2勝目

プレー中は常に、憎らしいほどポーカーフェイス。「・・・でも内心はすごくビビってる。こう見えて、実は細かいことにこだわるし。意外と神経質なんです」。 だから2日目に2つのチップインイーグル、3日目には2度のチップインを含むコースレコードタイの63。2日連続の大量アンダーにかえって不安になった。 「すでに出し切って、最終日までツキが残っていないのではないか・・・」。 ムービングデーの3日 ...

手嶋多一「目標は1億円プレーヤー」

多くの選手がこぞって専属コーチをつける中、手嶋はデビュー当時から誰かに教えを請うたことはない。  ...

真板潔が今季自己ベスト

18番のバーディフィニッシュにも「最後はヤケクソ・・・」と、苦笑した真板。首位を走る手嶋多一は最終日も絶好調。「今日はショットもパットもイマイチで。トップを捕まえられそうな雰囲気など全然ありませんでした」。  ...

横尾要「みんなの期待に、答えられたかな?」

横尾は「良いプレーをすれば、同時に社会貢献ができる・・・。それが、僕らの励みになる」と話した。宮里優作は、「僕のジュニア時代はなかなかボールをいただける機会がなかったから。僕のプレーが、子供たちの助けになれれば」と、話し ...

井戸木鴻樹「飛ばないことに自信を持ちました」

4日間平均253.00ヤード。今週、袖ヶ浦カンツリークラブの7番、18番で計測されたドライビングディスタンス72位で「ダントツ」の最下位。  ...

井上信が7位タイ

開催コースの袖ヶ浦カンツリークラブ所属。最終日は、たくさんの声援を受けてのプレー。「・・・期待に答えて、もうちょっと頑張りたかった」。  ...

DAY 3

手嶋多一「最終日にはもう運が残っていないかも・・・」

あまりにもツキまくっていると、かえって不安になる。この日3日目は2度のチップイン。4番でグリーン奥カラーから10ヤードを直接入れてバーディを奪った。 16番では、やはりグリーン奥から20ヤードのアプローチ。 ピッチングウェッジで転がした第3打が、最後の1メートルで突然大きくスライスしてチップインイーグルだ。 前半11パット、後半9パット。合計20パットの63に「あまりに取りすぎると、 ...

横尾要「最後まで、諦めない」

優勝のほかに、今大会主催のブリヂストン契約選手が最終日に意識するのは「どれだけバーディが取れるか」ということだ。  ...

中川勝弥「ウッズを見習って・・・」

約1年前のあの日が蘇る。11月のダンロップフェニックス。背筋痛を訴えていた片山晋呉が、初日のスタート前に急きょ欠場を決めた。代打で権利を得たのが、現地ウェイティング制度を利用して、出番を待っていた中川だった。  ...

井上信「いまが我慢のとき」

この日2イーグルを奪って11位に浮上した井上は、今大会会場の袖ヶ浦カンツリークラブ所属。1年間の研修生時代を含め、デビューから8年間世話になっているコースは、距離やグリーンの傾斜を示すヤーデージメモを持たずとも回れる。  ...

地元出身、今井克宗「勝ちたい、と思いすぎて・・・」

今週、ひときわ大きな声援を受けてプレーするのはラ・ボンバこと今井克宗だ。実家が、ここ袖ヶ浦カンツリークラブから「自転車の立ちこぎで2分」。  ...

DAY 2

井戸木鴻樹「欲かいても、恥をかいても・・・」

左腕のテーピングが痛々しい。「手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)」。主治医には、そう告げられた。人によって症状はさまざまというが、井戸木の場合は特に親指の付け根から手首にかけて痛む。 ショット時はトップとインパクト。手の平に力が入るときがピークだ。 その痛みは「ひょっとして、このまま中の腱が切れてしまうんとちがうやろか、と思うほど」。 毎日、アイシング、ストレッチ、「夜の置き針」 ...

片山晋呉「血となり、肉となっている」

霞ヶ関の日本オープンから5日目。おだやかな表情で、インタビュールームに座った。  ...

富田雅哉「お願いだからフェアウェーに行って!」

富田は、正確には「とみだ」と、発音する。しかし、ほとんどの人が「とみた」と呼ぶ。本人も「たいした間違いではない」と思っているので、めったに訂正はしないが、たまに思いついて言い直すと「“とみた”って読むのが普通じゃないの? ...

武藤俊憲がこの日8アンダー

今週に入って「絶好調」。スタート前の打ち込みも、ほとんど必要ない。「何球か打ったら、もう大丈夫、と思える」。特にアイアンショット。「全部、ピンを刺せる感覚がある」。  ...

桑原克典が8番でホールインワン

インスタートのこの日は、その時点で1オーバー。予選通過するために、8番、9番の上がり2ホールで「絶対にバーディが欲しかった」という。  ...

近藤智弘「ぜひ、お揃いの帽子をかぶって応援してください!」

今週のブリヂストンオープンの会場の千葉・袖ヶ浦カンツリークラブ・袖ヶ浦コースは、東京駅から特急列車で約35分。最寄のJR鎌取駅からギャラリーバスを利用してお越しのお客さまに、大会オリジナルキャップをプレゼントするようにな ...

DAY 1

真板潔が単独首位

道具の進化で、ゴルフの内容や飛距離にはいまの若手にも遜色ない、とは思うが46歳。 年齢のほころびは、随所に出ている。 オフだから、といってそれほど練習に時間を費やせなくなった。「・・・あちこち、痛いところだらけだから。休みの日は、安静にするほうが先」。 持病の腰痛も、相変わらず。 最近は視力も悪くなり、字を読む距離がかなり遠くなってきた。 「薄暗くなってくると、グリーンも読みづらいと ...

佐々木久行「QTに行く覚悟は出来ています」

6アンダー2位タイの佐々木も40代。「飛距離には問題ないけれど。やっぱり最近、体力の衰えは感じます」と、首位の真板と似たようなコメントをして苦笑い。  ...

上田諭尉(うえだゆい) 「良い正月を迎えたい」

今季これまで、獲得賞金1500万円を超えて2002年以来のシード復活を決めたら、これからシーズン終盤は「ラストスパート」。  ...

市原建彦「確信は持てないけれど・・・」

先週の日本オープンにも出場権がなく、2週間のオープンウィークを経て迎えた今週。「しばらく出ていなかったからかな。ツアーのグリーンって、こんなに速かったっけと・・・」。  ...

永野竜太郎くん「良いスコアを出す自信がある」

茨城の水城高校3年生が、好発進だ。今大会、推薦出場の永野竜太郎くんが5バーディ1ボギーの4アンダー。並み居るプロに混じって、7位タイにつけた。  ...

PREVIOUS

平塚哲二&谷原秀人 「力を合わせて頑張ります!」

このほど“日本代表”に選ばれた2人。12月7日から始まる世界ゴルフ選手権『バルバドスワールドカップ』。カリブ海バルバドス島のサンティレーンリゾートで行われるこのチーム戦は、個人の技量もさることながら、良い方のスコアを採用するベストボールや、1つのボールを交互に打つフォアサム競技など、まずはペアの相性が問われる。 「・・・でも、大丈夫ですよ。平塚さんは申し分ないパートーナーだから」と、言うのは ...

契約プロが勢ぞろい

19日(木)から開幕する本戦に先駆けて大会主催の株式会社ブリヂストンは、この日18日(水)、会場の千葉県・袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コースで同社ニュークラブ「ブリヂストンツアーステージX-ドライブ」の新作発表会を行っ ...

尾崎直道が約半年ぶりの日本ツアー

32回大会チャンピオンの尾崎直道が帰ってきた。今年、本格参戦した米シニアツアーの日程を終えて、5月の日本プロに続く今季5戦目の日本ツアーだ。  ...

ディフェンディングチャンピオンはデービッド・スメイル

株式会社ブリヂストン主催のブリヂストンオープンは、今年も千葉県の袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コースで開催。19日(木)から、熱戦を繰り広げます。  ...

「子供たちとふれ合って力をもらった」。横尾要が母校にスナッグゴルフ用具を寄贈。

1985年の3月に卒業して以来、約21年ぶりに訪れた母校は「あの頃と何も変わっていない」。横尾要はしみじみと、そして感慨深げに校舎と校庭を眺めて、あの頃の情景を思い返した。  ...

横尾要が少年野球時代の監督と懐かしい再会。

21年ぶりの給食を味わって校長室に戻ると、地元の少年野球チーム「要町ホープス」で、野球に熱中していた時の監督が横尾要を待っていた。  ...

プロの練習風景を見に行こう!

ブリヂストンオープンは、本戦前日18日(水)の練習ラウンドが、500円以上のチャリティで見学できます。この日に限り、本戦ではお断りしている写真撮影も可能です。  ...

<NEWS>谷原、平塚が出場 世界ゴルフ選手権ワールドカップ

12月7日から4日間の日程で、バルバドスのサンティレーンリゾートで行われる世界ゴルフ選手権バルバドスワールドカップの日本代表は、谷原秀人と平塚哲二ぺアに決定しました。  ...

ウッズ似顔絵コンテスト募集中!!

タイガー・ウッズの3連覇がかかる11月のダンロップフェニックス。来日を記念して、大会ではウッズの似顔絵コンテストを実施。作品を募っています。  ...

広告