日本プロゴルフ選手権大会 2001

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

「母の日に、最高のプレゼントができました」 (日本プロゴルフ選手権 第69代チャンピオン ディーン・ウィルソン)

 「昨日の時点で2位と大差がついて、そのことが、かえってプレッシャーになり、今日は朝からドキドキしどおしでした。良いプレーをしなくてはならないと思うほど、難コースはますます難しく感じられ、勝ちたいと思うほどフェアウェーをキープしてグリーンを捕らえることが、困難に思えたものです。  最後の2ホールに来るまで、安心はできなかった。不安になるたび、『自分を信じよう。これまでの練習の成果を出しきって良い ...

「大差がかえってプレッシャーだった」

最後まで作戦を貫き通したディーン・ウィルソンの最終日  ...

「今週こそ勝ちたくて…」

ディーン・ウィルソンは今大会、初出場でのV。先輩のデービッド・イシイ以来14年ぶりの快挙  ...

「もう、こっちがドキドキしてしまって…」

ディーン・ウィルソンの母ヒロコさんのかわりにプレーを見守った沖広さん一家  ...

「母の日に、良いプレゼントをしてくれそうですね」

最終日の朝、ディーン・ウィルソンに届いたメールは…  ...

「まだまだ発展途上です」

倉本昌弘が、心臓大手術後のベストフィニッシュ6位  ...

DAY 3

「僕が5オーバーで、誰かが4アンダーなら僕の負け。…まだまだわからないよ」

2位に8打差つけても、ディーン・ウィルソンは警戒をゆるめない。  「本当に、硬くて難しいグリーン…。このグリーンには、本当に良いショットができないと止められない。僕は、ショットがあんまり真っ直ぐに行くほうじゃないからね。このコースでは、いったい何が起きるのか…。まだまだ、勝負はわからないよ」  この日は、パー3をのぞく14ホール中、「7ホールでフェアウェーキープができなかった」とウィルソン。  ...

▼ 上位選手のコメント 「ディーンが“去年の俺”なら、付け入るスキがある」

通算2オーバー、単独2位の東聡は2年連続の最終日最終組だ  ...

「明日はチップイン5回に、エース1回」

地元福岡出身、4位タイの藤田寛之  ...

「勝ちに来てこれじゃあ…」

位タイの深堀圭一郎は今季3度目の4パットが痛い  ...

「できれば10打差大逆転」

牧坂考作が、地の利を生かして4位タイ浮上  ...

DAY 2

「今は良い勉強の時期」

 ハワイ出身のディーン・ウィルソンがトップに立った。  3月の静岡オープン、4月の中日クラウンズと、あと一息でのV逸が続いているだけに、思いを遂げるチャンス到来。  残り2日。この5打差を、難コースでどう生かすか。  「このコースはグリーンが硬くて、ラフに打ち込んだらノーチャンス。でも、今日は何箇所かラフに入れながらも、ラッキーがあって、パーセーブすることができました。今日は昨日よりも風 ...

▼ 2日目、トピックス 「敵は自分自身」

2日目終了時点で今大会、ただひとりのノーボギーでのラウンドに「100点満点」をつけた飯合肇  ...

「これをきっかけに、治ればいいね」

湯原信光が16番でホールインワン  ...

▼ 上位選手のコメント 「ここぞとばかりに耐えたけど…」

通算1アンダー、2位タイの深堀圭一郎  ...

初日首位の東聡は、4位タイに後退

「2日間のイーブンは最高!…アンダーパーの人は神様です」  ...

「僕でも勝負になると、思ってた」

井戸木鴻樹が4位タイに  ...

「考える力なし!」

尾崎将司も難コンディションに苦しみ11位のまま  ...

「運をマスターズで使い果たした?」

伊沢利光が、通算10オーバーで予選落ち  ...

「後をひきそう…」

前年度チャンピオンの佐藤信人も…  ...

DAY 1

「案の定、きれいに仕上げてくれたよ」

 3アンダーの68でホールアウトしてきた東聡が悲鳴をあげた。  「グリーンが死ぬほど硬い…。1日にして、こんなに硬くなるのか、っていうくらい硬いよ」  フェアウェーの幅が、20ヤード以下と狭い上に、照りつけた太陽が、さらにグリーンを硬く、早くする。時間を追うごとに、難易度は増していく。  「ラフの長さはそんなにないんだけど、グリーンが硬いから、どうしてもフライヤーになっちゃうんだ ...

「ノートの情報が頼り」

首位タイのディーン・ウィルソン  ...

PREVIOUS

「今週は、スタートダッシュ!!」 ディフェンディングチャンピオン・佐藤信人

「1年がたって、再びこの大会がめぐってきました。昨年のことは、本当に良い思い出です。  涙が込み上げてくるくらい…なんて、そこまではウソですけど(笑)  この大会は、毎年、会場が変わるんでね。同じコースでの開催なら、前年の最終日のこととかを思い出して実際にこみ上げたりすることもあるんですけど、コースが違っちゃうと、あまり、昨年のことは、ピンと来ないかなあ・・・。ただ、みんなに、ディフェンディン ...

「凱旋優勝…したいですねえ…」

元・コース所属の牧坂考作  ...

「こんなグリーン、見たことない!!」

大会最多6Vの尾崎将司  ...

「ほんの少し、運をもらえれば…」

 「このコース、難しいよ!! 何もかもが難しくて、こんなに難しいところ、どうするの?って感じ。  ...

「好きと嫌いは別みたい…」

今年、地元福岡に移り住んだ伊沢利光  ...

▼ 大会概要&コースセッティング 「大会開催のご挨拶」

山田米造・大会会長(日本プロゴルフ協会)  ...

「大会概要と出場選手について」

勝俣功・大会副会長(日本プロゴルフ協会)  ...

「当コース開場と設計コンセプトについて

蟹川陽一・大会運営委員(クィーンズヒルGC総支配人)  ...

「コースセッティングについて」

平野浩作・チーフトーナメントディレクター  ...

「注目選手と組み合わせについて」

倉本昌弘・大会運営委員長  ...

広告