ブリヂストンオープン 2001

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

伊沢利光が、今季4勝目 「また一歩、賞金王に近づいた!」

 これで、今年すでに4勝目、また、この一ヶ月の間にすでに3勝を挙げることができました。・・・なんだか、自分でもまだ信じられないけれど・・・いま、自分のゴルフの調子が良いことに、間違いはありません。  これで、今年のはじめに掲げた賞金王という目標に、さらに一歩、近づくことができました。  残りの国内戦もそうですが、来月11月、丸ちゃんと出場するワールドカップでも優勝を飾り、御殿場の会場で丸ちゃん ...

「ビッグネームの2人を、退けたかった」

ジャンボ、中嶋をやっつけて今季4勝目  ...

「まだ、大きな試合が残っていますから・・・」

プレー後、伊沢利光が師匠にV報告したその内容は…  ...

「ドアを、ノックしつづけているんだけど・・・」

豪州のスコット・レイコック、単独3位  ...

「勝つまでのポイントが押さえきれていない」

4位タイに食い込んだ田中秀道  ...

「丸山さんに、シゲキを受けています」

アマチュアの宮里優作君、今週も大健闘4位  ...

「あれで調子が狂ってしまった」

中嶋常幸は、10番で逃したチャンスを悔やむ  ...

「1週間、楽しかった!」

今週、米ツアーにとんぼ返り。次回、丸山茂樹の笑顔は御殿場で・・・  ...

DAY 3

「明日は、ぶっちぎって勝ちたい」(首位の伊沢利光)

 夏に再発した、左親指付け根の痛みが、最近またぶり返している。  加えて、9月の全日空オープンから、これで6連戦目。「疲れまくりで・・・」普段なら、陽が落ちるまで球を打ち続ける練習の鬼。だが、今週ばかりは、ホールアウト後の打撃、パット練習をいっさい控えた「省エネ」ゴルフを心がけているほどだ。  今の伊沢には不安材料ばかりが揃うが、「そうかといって、いいかげんにやっていても、つまらないですから」 ...

「1回くらい、やっつけるから」

2打差で追う、尾崎将司  ...

「誰とまわっても自分のゴルフを・・・」

伊沢と最終日最終組でプレー、豪州のスコット・レイコック  ...

「ワールドカップの前に、ぜひVを」

2位タイのディネッシュ・チャンド  ...

「明日は、上との差を気にせずに」

5位タイの宮瀬博文  ...

「追われるより、追う方がいい」

この日20日、47歳の誕生日を迎えた中嶋常幸は8アンダー、5位  ...

「これは、一生もの」

9位タイの尾崎直道  ...

「明日はコースレコードの64」

丸山茂樹は4アンダー、16位  ...

DAY 2

「僕は、47歳のルーキーです」(首位の中嶋常幸)

 8番パー3で、9メートルのバーディパットを決めてガッツポーズ。鳴り止まない拍手に応えて、再度大きく両手を上げてみせた(=写真)。  「昨日に比べて、はるかにフェアウェーをキープできたし、大きなミスもない。今日のゴルフは、合格点かな」と納得顔だ。  予選2日間は、尾崎将司とのラウンド。つい数年前までは、「一緒にプレーしたら、いつもの自分のゴルフが、出来なくなる可能性のある」相手だった。  ...

▼ 2日目、トピックス 「ドライビング3位!」

横田真一、ニュードライバーで単独2位  ...

「微妙なタッチがつかめない」

3位タイの尾崎将司  ...

「まあ、しょうがないか・・・」

伊沢利光は、6番で1ペナのトラブルがありながら3位タイ  ...

「最終的に、成績を残さなければ・・・」

宮瀬博文が65のベストスコアをマーク  ...

「前半は5バーディの31!」

豪州出身のスコット・レイコック  ...

「天気と同じで、プレーも気持ちよく・・・」

3位タイのフランキー・ミノザ  ...

「大会30周年の、責任を果たしたい」

後半のインで大爆発、通算1アンダーで丸山茂樹が予選通過  ...

腰痛と連戦による疲労

ラスト18番、起死回生のイーグルで昨年優勝の佐藤信人が予選通過  ...

DAY 1

3アンダー、首位タイに7人が並ぶ

 台風21号の影響で、大会初日の袖ヶ浦は、朝から荒天。  激しい雨の中、多くの選手がスコアメイクに苦しみ、3アンダー、首位タイに7人が並ぶ混戦模様だ。  ディフェンディングチャンピオンの佐藤信人は、1アンダー、15位タイにつけ、「今日はこの天気だから仕方ないけど、天気が回復する明日からは、間違いなくバーディ合戦。この展開はガラっと変わる」と読んでいる。  約2年ぶりの日本ツアー出場の丸山茂樹 ...

「なんとも言えない気持ち・・・」

激痛に耐えて首位、平塚哲二  ...

「ようやくコーライグリーンにも慣れてきた」

豪州出身のアンソニー・ギリガン  ...

「3アンダーは良いスコア」

新しいドライバーで好発進、近藤智弘  ...

「この天気なら、上出来です」

台湾出身の陳志忠  ...

「嬉しかった」

前日、出場を決めた杉原敏一  ...

▼ 初日、トピックス 「明日から、バーディ合戦」

ディフェンディングチャンピオン・佐藤信人  ...

「7ストローク差なんて、どうってことない」

83位と出遅れた丸山茂樹が、反撃態勢  ...

PREVIOUS

「大会の30周年・・・ということで帰ってきました!」(丸山茂樹)

今大会94年、95年、99年のチャンピオン・丸山茂樹が、帰ってきた。  米ツアーに本格参戦して2年。今年7月のミルウォーキーオープンで、悲願の米ツアー初優勝を果たしての、凱旋出場となる。  今週のブリヂストンオープンは、30周年大会。  現在、賞金ランク35位の丸山は、来季のマスターズ(ランク40位内に出場権)をにらみ、先週、来週も米ツアーに出場する予定で、今週の帰国は、超過密スケジュー ...

丸山茂樹の共同インタビュー

 「忙しさにかまけて、今大会が30回目を迎えるということをすっかり忘れており、当初はこのブリヂストンオープンに出場する予定ではありませんでした。  ...

▼ 大会みどころ&コースセッティング 会場の袖ヶ浦CCと大会みどころについて

 「今大会は今年、30回大会を迎えられました。  ...

広告