日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 2012

大会ロゴ

トーナメントトップ

  • ROUND 4
  • Updated 05/13 14:12
Position Score Player Money Rank Today Hole 1 2 3 4 Total Share
1 -4 谷口 徹 2
+1 FIN 65 70 76 73 284 ¥30,000,000
2 -3 深堀 圭一郎 8
-1 FIN 72 66 76 71 285 ¥15,000,000
3 0 薗田 峻輔 12
+1 FIN 69 72 74 73 288 ¥10,200,000
4 +1 金度勲(キムドフン)(大邱) 16
-2 FIN 75 69 75 70 289 ¥6,600,000
+1 谷原 秀人 5
+3 FIN 67 73 74 75 289 ¥6,600,000
大会名称
日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯
開催回数
第80回
開催期間
2012年05月10日~05月13日
開催コース
烏山城カントリークラブ
公式サイト
大会公式サイトへ
大会ロゴ
主催
社団法人 日本プロゴルフ協会
特別協賛
日清食品ホールディングス株式会社

協賛
株式会社烏山城カントリークラブ(烏山城カントリークラブ)
後援
文部科学省、栃木県、栃木県教育委員会、財団法人栃木県観光物産協会、那須烏山市、那須烏山市観光協会、宇都宮市、宇都宮観光コンベンション協会、那珂川町、那珂川町観光協会、日本テレビ放送網株式会社、読売新聞社、報知新聞社
特別後援

協力
社団法人日本ゴルフ用品協会、日本ゴルフ写真家協会

特別協力
下野新聞社、株式会社栃木放送、株式会社エフエム栃木、株式会社とちぎテレビ
賞金総額
150,000,000円
優勝賞金
30,000,000円
優勝副賞
日清カップヌードル10年分 提供:日清食品株式会社
ローアマ

特別賞
  • ホールインワン賞
    16番H(194yds)・4日間
    ¥2,000,000-(複数均等割) 提供:TV協賛各社
  • ベストスコア賞
    決勝ラウンド2日間
    ¥500,000-(複数均等割) 提供:烏山城カントリークラブ
予選カットラウンド
Round 2
上位カットライン
上位 60位 タイ
組合せ
1日目:2Way 2日目:2Way 3日目:1Way 4日目:2Way
ドライビングディスタンス
14番ホール 15番ホール
出場選手
144名

※高校生(18歳)以下無料
5月9日(水)練習ラウンドは入場無料(写真撮影可)

前売り券

4日間共通券4枚 記念品(大会オリジナルキャップ)引換券1枚 プレー優待券1枚

【価格】 10,000円

当日券

予選ラウンド 10日(木)・11日(金) 4,000円
決勝ラウンド 12日(土)・13日(日) 6,000円

大会の模様は下記テレビ局でお楽しみください。

放送日 放送時間 放送ラウンド 放送局
2012年05月12日 14:30~15:30 Round 3 日本テレビ(関東ローカル)
2012年05月12日 15:30~16:55 Round 3 日本テレビ系列全国22局ネット
2012年05月13日 15:00~16:25 Round 4 日本テレビ系列全国31局ネット

※放送日時および放送内容は変更になる場合がございます。

  気象区分 風向き 風速(m/秒) 気温(度/摂氏) ギャラリー数
DAY1: 曇り
南南東
3.3
20.8
4,730人
DAY2: 曇り
北北西
5.3
18.9
5,671人
DAY3: 晴れ
北北西
3.5
17.7
9,403人
DAY4: 晴れ

0.7
19.0
13,084人

谷口徹が2度目のプロ日本一に

昨年の借りを、さっそく返した。2012年のプロ日本一決定戦は谷口が、日本最古のトーナメントで2度目のタイトルに名前を刻んだ。難コースで初日から首位を走る完全優勝で、80回の記念大会に華を添えた。 2打差の首位で出た最終日は前半に、22歳の薗田峻輔に首位を奪われた。後半は、ひとつ年下の深堀圭一郎との一騎打ちになった。深堀が背後に迫った。しかし再三のピンチも、「気合いと根性で、僕にはパーを獲る自 ...

DAY4

深堀圭一郎が「やっと表舞台に戻れる」

1打差で破れはしたが43歳の大健闘は、勝った谷口同様に、いまもっとも元気なアラフォーの存在感を見せつけるには十分だった。  ...

DAY4

単独3位に薗田峻輔

思い入れがあるのは池田勇太や石川遼だけではなかった。薗田にとっても、「懐かしいコース」が、この烏山城だった。ジュニアの試合でも、幾度となくその舞台になった。「100回・・・とは言わないけれど。100回に限りなく近いくらい ...

DAY4

池田勇太は6位タイ

12番のバーディで、優勝争いさえ見えてきた。「でもそんなのは全然、関係なくて。自分がやれるところまでやるのが俺の目標だった」。いっそう気合いを入れて臨んだ13番で、「入れに行ったあとの3パット。返しを外す・・・そういうツ ...

» 前日までの記事をみる

広告