• R・マッカイ

  • ROGER MACKAY

  • タイトリスト&フットジョイワールドワイド

プロフィール

マッカイが日本のツアーに顔を出したのが87年から。この年の豪州ツアー『豪州PGAツアー選手権』『ビクトリアオープン』に勝ち、大先輩のP・トムソン、G・マーシュらに勧められて来日した。2年目の88年はツアー11試合だけの出場だったが、『ポカリスエット』7位、『ブリヂストン阿蘇』3位などでギリギリシード権をものにした。以来ずっとシード権を守っているが、圧巻は91年ツアー。22試合に出場し、『ダンロップオープン』『ミズノオープン』『太平洋マスターズ』と3勝したほか、トップ10入り7試合で賞金額が1億円を突破。尾崎直道と激しく賞金王争いを演じたが、『日本シリーズ』中に肩に痛みが発生して8位に甘んじ、尾崎直道の逃げ切りを許してランク2位。長打力があるわけではないが、正確なショットとゲーム運びのソツの無さで、いつの間にか上位に上がってくるというゴルフは、日本のプレーヤーにとって脅威の存在になっていた。豪州北部のダーウィンの生まれ。少年時代からゴルフに親しみ、23歳で全豪アマに優勝して注目され、国際的トーナメントで6回も優勝するほど力をつけて26歳のときにプロに転向した。ウェスタンオーストラリア大時代には鉱山治金学を専攻していたが、そちらの分野で身を立てるよりも、自分の腕一本で稼ぐプロゴルフの道を選んだという。<1997>

選手名 ロジャー・マッカイ (マッカイ ロジャー)
所属先 タイトリスト&フットジョイワールドワイド
生年月日 1956年03月31日
出身地 --
身長 175cm
体重 72kg
血液型 --型
出身校 ウェスタン・オーストラリア大学
趣味 ワイン テニス スポーツ観戦
ゴルフ歴 15歳~
スポーツ歴
得意クラブ
愛車
アマチュア時代の戦歴
ツアープレーヤー転向 ----年--月--日
ツアーデビュー戦 ----年--月--日
QT受験回数 -
師弟関係
ホームページ -

広告