選手写真

プロフィール

ショット写真

 星林高校時代はプロ野球選手を多数輩出している野球部に所属。卒業後にプロゴルファーを目指して研修生となり、わずか3年後の1999年にQTで72位に入ってプロ転向した。
 2002年に初シードを獲得してから徐々に力をつけ、05年の『東建ホームメイトカップ』でプレーオフの末に初優勝。同年の『全英オープン』で初メジャーも経験し、出場日本選手中最高の23位に入っている。
 2勝目を挙げた後に左手親指腱鞘炎の痛みが激しくなり、08年は一時ツアーから離脱。それでもトレーニングと治療で症状が良化し、10年の『サン・クロレラクラシック』で復活優勝を飾った。11年は2勝を挙げて賞金ランク2位に。同年はイーグル率1位に輝いた。
 12年以降、優勝はないが安定した成績を残し、17年までに16年連続でシードを維持してきた。ただ、目の病気で18年の夏場から休養に入り、特別保障制度が適用されている。

選手名 高山 忠洋 (タカヤマ タダヒロ)
所属先 スターツ
生年月日 1978年02月12日
出身地 和歌山県
身長 177cm
体重 83kg
血液型 O型
出身校 和歌山県立星林高校
趣味 野球
ゴルフ歴 18歳~
スポーツ歴 野球
得意クラブ サンドウェッジ
愛車
アマチュア時代の戦歴
ツアープレーヤー転向 1999年12月22日
ツアーデビュー戦 2000年04月27日 中日クラウンズ
QT受験回数 3回
師弟関係 石井 裕士
ホームページ -

広告