OTHER STORIES

第1回沖縄スナッグゴルフ大会 兼 第1回スナッグゴルフ対抗戦沖縄県予選会を開催(5月26日)

  • photo1
  • photo2
  • photo3
  • photo4
  • photo5

第1回沖縄スナッグゴルフ大会 兼 第1回スナッグゴルフ対抗戦沖縄県予選会が、恩納村赤間運動公園サッカー場で開催されました。
この大会は昨年度開催されました、HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP最終日に行われたスナッグゴルフ交流大会に、PGMゴルフリゾート沖縄の周辺より小学生18名が参加しており、、
その参加者中でスナッグゴルフ全国大会の出場基準を満たしている学校があり、又、スナッグゴルフ全国大会に過去沖縄県を代表して出場していた近隣にある伊江村より2つの小学校も全国大会に出場を希望したこともあり、、
個人戦である、沖縄スナッグゴルフ大会と団体戦でスナッグゴルフ全国大会への出場権を掛けた第1回スナッグゴルフ対抗戦沖縄県予選会を開催する運びとなった。

会場となった恩納村赤間運動公園サッカー場は綺麗に芝生が張られたグランドに、昨年度のスナッグゴルフ全国大会と一緒の507ヤード、パー36の設定でスナッグゴルフ特設コースを設定、近隣より17名の選手が集まり、日頃の成果を競った。
又、沖縄県のジュニアゴルフ普及にご尽力を頂いております、沖縄プロゴルフ選手会会長の渡嘉敷幸太プロ、副会長の宮國雄一朗プロ、又吉拓之プロが応援に駆けつけてくれ、プロチームを作成、子供たちと一緒にスナッグゴルフをプレイ、対決した。

競技は、苦戦する児童が多い中、個人戦は30ストロークを出した選手が2名、伊江村立伊江小学校6年生の知念和夢君と、 アミークスインターナショナル小学校6年生の翁長洸太君によるプレーオフとなった、
プレーオフは1番ホールで行われ、1ホール目で、知念和夢君がバーディーで上がり、沖縄スナッグゴルフ大会の初代総合優勝者となった。
又、団体戦は、伊江村立西小学校が99ストロークを出し、2位に8打差をつけて総合力で沖縄県を代表して7月15日(日)にグランディ那須白河ゴルフクラブ(福島県西白河郡)で行われる『第16回スナッグゴルフ対抗戦JGTOカップ全国大会』に沖縄県を代表して出場する。

尚、知念和夢君は2014年、2年生の時に宮城県開催された『第12回スナッグゴルフ対抗戦JGTOカップ全国大会』に沖縄県を代表して出場、6年生最後の予選会である今大会、総合優勝者となったが、伊江小チームは2位となり涙を飲んだ。
ホールアウト後、プレイが終わったホールでプロに技術的な指導を受けているシーンがあり、今回実力が出せなかった子供たちは、11月に恩納村にあるPGMゴルフリゾート沖縄でHEIWA・PGM CHAMPIONSHIPが行われる予定で、最終日には昨年同様、キッズエスコートとスナッグゴルフ交流大会が開催される計画なのでその大会で実力を発揮してほしい。

第1回沖縄スナッグゴルフ大会 兼 第1回スナッグゴルフ対抗戦沖縄県予選会成績上位
(9ホール/507ヤード/パー36)

<個人の部>
●総合・6年生の部優勝者
知念和夢 伊江村立伊江小学校6年 30ストローク
●5年生の部優勝
與那城琉衣 伊江村立伊江小学校 35ストローク
●4年生の部優勝
友寄愛琉 伊江村立伊江小学校 41ストローク
●3年生の部
長嶺勝太朗 伊江村立西小学校 33ストローク
●2年生の部優勝
中村千南都 伊江村立西小学校 47ストローク

<団体の部>
優勝 伊江村立西小学校 99ストローク
2位 伊江村立伊江小学校 106ストローク
3位 恩納村立恩納小学校 135ストローク

★全ての成績は「コチラ」よりご覧いただけます。

<大会にご協力頂いた皆様>
PGMゴルフリゾート沖縄 久留島栄二支配人
沖縄プロゴルフ選手会・会長渡嘉敷幸太プロ、副会長・宮國雄一朗プロ、又吉拓之プロ
伊江村教育委員会 宮里徳成教育長
恩納村赤間運動公園の皆様

» 前のページに戻る

関連記事

広告