2020.08.04

日本国内プロゴルフトーナメントにおける新型コロナウイルス感染症対策について【2020.08.04更新】

ゴルフ関連5団体新型コロナウイルス対策会議(JGA・PGA・JLPGA・JGTO・GTPA)では、数回の会議に於いて検討を重ね、プロゴルフトーナメント運営の指針となる「日本国内プロゴルフトーナメントにおける新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」を作成致しました。

このガイドラインは、各5団体がプロゴルフトーナメント運営における感染症対策として運営会社と一緒に準備していたものをベースに、日本野球機構(NPB)と日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」での提言を参考に、感染症専門医である東邦大学炭山嘉伸理事長監修の元、編集致しました。
また、本ガイドラインはスポーツ庁の確認を経て内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室に提出しており、後日、内閣官房ホームページ内の業種ごとの感染拡大予防ガイドラインの一つとして掲載される予定です。

尚、感染状況の変化、政府の対策方針、開催地域等により、都度改訂させていただき、各5団体のホームページにて、掲示させていただきます。



ガイドライン作成にあたり、多大なご協力をいただいた下記の皆様に感謝の意を表します。
東邦大学理事長 炭山嘉伸様(日本外科感染症学会名誉理事長) 
(株)ダンロップスポーツエンタープライズ
ブリヂストンスポーツ(株)
ミズノ(株)


» JGTOインフォメーション記事一覧

広告