JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP CHALLENGE

大会ロゴ

大会記事

ジャパンゴルフツアー選手会が岩手県北上市に50万円を寄贈

  • photo1

ジャパンゴルフツアー選手会(会長:時松隆光)は『JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP CHALLENGE』が開催された「きたかみカントリークラブ」の所在地である岩手県北上市に対し、50万円を寄贈することを決定、それに伴い大会最終日の7月9日に寄贈式が執り行われた。

 正午前に同市役所を訪問した時松隆光ジャパンゴルフツアー選手会会長は、髙橋敏彦北上市長に目録を贈呈、「新型コロナウィルス感染拡大の影響もまだまだ収まらない中、トーナメント開催にあたって、ご承認と共にご後援を頂いた北上市に対し、感謝の意を伝えると共に市政に広くご活用いただければと思い、選手会として50万円を寄贈させて頂きました。」と今回の寄贈に至った経緯を話した。

 岩手県では1992年『三菱ギャラントーナメント』以来29年ぶりとなるジャパンゴルフツアーの開催がきっかけとなった今回の寄贈式、髙橋敏彦北上市長は「大変貴重なご寄付を賜りましてありがとうございます。当市のゴルフ場をご使用いただいてトーナメントを実施頂いたこと誠に感謝いたします。」と御礼を述べると共に「選手の皆様にはきたかみカントリークラブの素晴らしさを知って頂ければ」、と話した。

 本寄贈の活用方法はまだ決定していないが、スポーツ振興などを含め、今後検討していく予定となっている。

» 前のページに戻る

関連記事

広告