石川遼 everyone PROJECT Challenge 2019

大会ロゴ

大会記事

人生初のホールインワンを達成した小西貴紀が4位タイへ浮上

  • photo1
  • photo2

「193ヤードを6番アイアンでした。当たり自体はよかったんですけど、引っかかりそうだったので手は離してしまいました。それでも思ったラインに飛んではいました。プライベートも含めて人生で初めてのホールインワンです。入るのも見えました」とホールアウト後に話すのは小西貴紀。

首位と5打差の4アンダーの11位タイからスタートした小西は1イーグル、5バーディ、3ボギーの4アンダー68をマーク。通算8アンダーの4位タイへと順位を上げた。

人生初のホールインワンで気分が上がったことは間違いないが、その嬉しさよりも今日叩いた3つのボギーを悔やんでいる様子だった。
「いい時もあったんですけど、くだらないミスも多かったですね。3ボギーは打たなくてもいいボギーだったので。前半で10アンダーまで乗せられていたら面白かったんですけど。つまらないボギーを叩いてしまったのが悔しいです」。

小西は先週の「TOSHIN CHALLENGE IN 名神八日市CC」に主催者推薦で出場し、8位タイに入って今週の出場資格を獲得した。

今日の良かった点について聞くと「良くもなく悪くもなく普通にできたところだと思います」と小西。それだけ今の自分のゴルフに自信を少なからず持てているからできる表現だと感じる。
「明日は優勝が15アンダーくらいはいくと思うので、そこを目指して頑張りたいです。来週の日本オープンへもはずみをつけたいですね」。

荒れる最終日に波乱を起こせるか、明日のプレーに注目したい。

» 前のページに戻る

関連記事

広告