HEIWA・PGM Challenge I ~Road to CHAMPIONSHIP 2019

大会ロゴ

大会記事

小木曽喬が2位タイ発進!「100点のゴルフじゃなくてよかった」

  • photo1

6バーディ、3ボギーの4アンダーの2位タイにつけた小木曽喬。この日は午後組で最終組から一つ前という遅い時間のスタートだったが、スタートホールとなった10番からいきなり5連続バーディを奪いでいい流れを作った。
「初めてのことだったのでちょっとドキドキしましたけど、アウトコースが難しいのはわかっていたので、インコースでスコアを出せたのは助かりました。別コースとまでは言わないですけど、アウトコースは難しいホールがいくつか続くので、インスタートの今日は最初が大事だなと思っていました」。

ツアーとAbemaTVツアーの両方に参戦している小木曽の今年の目標はツアーで優勝争いをすることだ。自身も出場していた『アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップダイヤモンドカップ』での浅地洋佑の優勝も刺激になっている。昨シーズンは、決して目標を低く置いていたわけではないが、シードを獲るために予選通過が目的になっていた部分があったと振り返る。
「もっと勝ちにこだわらないとダメだなと。そうしないと自分の成長もないかなと思っています。ツアーでもAbemaTVツアーでも意識してプレーすることで何かが変わるんじゃないかと」。
 
この日も後半で打たなくてもいいボギーを打ってしまったが、それも反省材料。「明日に向けては今日が100点のゴルフじゃなくてよかったと思います」とポジティブに捉えている。見据えているのは最終日最終組だ。

» 前のページに戻る

関連記事

広告