HEIWA・PGM Challenge I ~Road to CHAMPIONSHIP 2019

大会ロゴ

大会記事

絶好調のパットを武器に竹内廉が首位と3打差スタート

  • photo1

この日の竹内廉は5バーディ、1ボギーの4アンダー66をマーク。好調の要因になったのが直前に取り替えたパターだ。
「ピンタイプをずっと使っていたんですけど、それをマレットタイプに替えました。去年もパットの調子が悪かった時に、ちょうどトップ杯東海クラシックでマレットを使ってよかったので。それで今回もマレットにしてみたんですけど、練習ラウンドであまりに良すぎて。本番で使ったらどうなるんだろうと逆に心配になるくらいだったんです」。

結果、そのパターが威力を発揮し、首位と3打差の好スタートにつながった。調子が悪くなったことで、形やストロークのことばかりを考えすぎてタッチが失われていたと言う。
「マレットにしてプレッシャーを感じずに楽にパッティングができるようになりました。今日はとりあえず乗ればパーは取れると思えるほど安心感がありました」。
相乗効果の働きでショットにもいい効果をもたらしてくれた。明日の2日目も信頼するパターを武器にさらなる上を目指す。

» 前のページに戻る

関連記事

広告