石川遼 everyone PROJECT Challenge 2018

大会ロゴ

大会記事

和田章太郎が帯同キャディから学んだもの!?

  • photo1

首位とは5打差の6アンダー17位タイからスタートした和田章太郎は8バーディ、1ボギーの7アンダー65でラウンド。通算13アンダーの5位タイでフィニッシュ。伸ばし切れなかった2日目が悔やまれるが残り2戦に向けて手応えを掴んだ3日間となった。

今週は小田孔明のキャディを務めている宮田一幸氏に帯同キャディを依頼。マネージメント面はもちろんのこと、様々な部分で今のゴルフにプラスになったと振り返る。
「攻めてもいいところや守るべき場面、また外しても良い場所など、ショットごとのアドバイスは本当に勉強になりました。一緒に話しながらやることで、自分もショットに集中できると言うか迷わず決めて打てるので、それがいい結果に繋がったんだと思います」。


この日の目標は8アンダー、もしくは9アンダーだったと言うが、それでもこの日の内容は満足ができるものだった。
現在の和田の賞金ランキングは5位。賞金王になるには残り2戦で2勝が必要になる金額差だけに、まずは次戦で優勝を挙げ、トップの佐藤大平をおびやかす展開に持ち込みたい。

» 前のページに戻る

関連記事

広告