HEIWA・PGM Challenge II ~ Road to CHAMPIONSHIP 2018

大会ロゴ

大会記事

D・ケマーが通算12アンダーで大混戦を制して初優勝を飾る!

  • photo1
  • photo2
  • HEIWA・PGM CHAMPIONSHIPの出場権も手に!
  • photo3

AbemaTVツアー 2018 第8戦「HEIWA・PGM Challenge II ~ Road to CHAMPIONSHIP 」(賞金総額1500万円・優勝賞金270万円)の大会最終日が京都府のかさぎゴルフ倶楽部(〒619-1303 京都府相楽郡笠置町笠置東山33)を舞台に行われた。

2日間通算4アンダーの14位タイからスタートしたD・ケマー(米国)が8アンダー62をマーク。通算12アンダーまで伸ばし大逆転で嬉しい日本ツアー初優勝を飾った。
「日本での初めての優勝ができてとても嬉しく思っています。途中は緊張もしていたので、スコアボードは見ないようにしていました。最終的に優勝できてとても興奮しています」。

 初日、2日目は思うようなゴルフができなかったが、この日はショット、パット共に思い通りの球が打てたと振り返る。緊張していたというケマーだが勝負所でも冷静さを見失わなかった。
 本人はトップに立っていることは気づいていなかったようだが、首位タイで迎えた最終18番ホールのパー4で、ティショットを隣の17番方向へと放った。
「初日、2日目と右方向へミスをしていたので今日は徹底的に避けるために17番の方向へ打っていきました」。
 結果的にこの作戦が成功し、後続を1ストローク振り切って優勝を手にすることができた。これでケマーは9月に行われるツアートーナメントの『トップ杯東海クラシック』と11月1日から沖縄で開催される『HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP』への出場権を獲得。ツアートーナメントでも今回のような爆発力を見せてくれることを期待したい。

» 前のページに戻る

関連記事

広告