ISPS HANDA 燃える闘魂!! チャレンジカップ 2018

大会ロゴ

大会記事

松原大輔が連覇を逃すも2位タイフィニッシュ

  • photo1

 首位とは7打差の7アンダー9位タイからスタートした松原大輔は6バーディ、1ボギーの5アンダー67でラウンド。連覇はならなかったものの通算12アンダーの2位タイで3日間のトーナメントを終えた。
 今シーズンの前半戦はレギュラーツアーへ出場できるため、AbemaTVツアーは開幕戦の『Novil Cup』以来で、今年は2戦目となる。レギュラーツアーでは予選落ちが続き、苦しい思いをしている松原。

「今週は自分なりのプレーが少しはできたのかなと思うんですが、これがレギュラーに行って上位に行くにはもっとチャンスをものにしていかないとダメだと思いました。凌がなければならないところでボギーを打ってしまうところなど、改善していかなければならない点が見えてきた部分はあります」。
 昨年はこの大会で優勝しているものの、その時の自分と比べてゴルフ自体は少しずつ成長している実感はあると話す松原。今週の経験を糧にレギュラーツアーでの活躍にも期待したい。

» 前のページに戻る

関連記事

広告