石川遼 everyone PROJECT Challenge 2017

大会ロゴ

大会記事

残り3試合でチャレンジトーナメント賞金王を狙う福永安伸!!

  • photo1

現在チャレンジトーナメント賞金ランク2位につけている福永安伸。
今シーズンは4月に行われたジャパンクリエイトチャレンジ in 福岡雷山で見事優勝し、
その後も安定した結果を残し、ここまで順調にプレーを続けてきている。

現在のランクトップの大槻智春とは約15万円差の2位につけているが、まだまだこの先の展開次第では大きく状況が変わってくる。

「ここまで来たら1位と2位とでは大きく違いますからね。1位目指してやりたいですね。」と話す福永。今の自身のゴルフの調子はあまり良くないと話すものの、「明日いいスタートを切っていければいい。明日の初日が大事になりますね。」と闘いを前に気を引き締めていた。

自身のゴルフの調子を「全体的にショットが右に行ったり、左に行ったりしてしまっている。」と振り返り、「自分は球を多く打つよりも、部屋に戻ってスイングチェックしたりするほうが多いし、その方が向いている。」という福永は今日も部屋にクラブを持ち込んでアドレスや向きをチェックして明日に備えるという。

コースの印象を「すごく難しい。距離はそこまでないけど狭いし。いろんなショットを打てないとダメですね。」と話しつつも、「多少リスクあっても、いいとこ狙って打つのも大事になってくる。グリーンも上につけると速いし難しい。変なところに乗せないように。」と冷静にコースを分析していた。

今シーズンのテーマを‘平均ストローク60台‘と定めた福永は、現在まででその平均ストロークを2位タイ(69.53ストローク)、パーキープ率も2位(90.06%)とシーズンを通して安定したゴルフを続けてきている。

「順位にこだわるよりもそこをしっかりやっていれば、おのずと結果もついてくると思っています。明日が大事。うまくショットとかみ合えばポコポコ入ってくれるかも。明日は出だしからうまく流れに乗れればいいですね。いいスコアで回れば、自然と賞金王も近づいてくる。明日は67くらいを目指したい。」
賞金王奪取へ向けて、明日初日のスタートダッシュを狙っていた。

» 前のページに戻る

関連記事

広告