ISPSハンダグローバルチャレンジカップ 2017

大会ロゴ

大会記事

ツアールーキーの松原大輔が『ISPSハンダグローバルチャレンジカップ』を制す!!

  • photo1
  • (写真左から)国際スポーツ振興協会 会長 半田晴久様、松原大輔、JGTO常務理事 秋元恒朝

チャレンジトーナメント第4戦『ISPSハンダグローバルチャレンジカップ』の最終日、3打差2位タイからスタートした松原大輔が、3バーディ、ノーボギーの69をマーク。トータル9アンダーで逆転でチャレンジトーナメント初優勝を飾った。

昨日の中止を受け、本大会は36ホール短縮競技となった為、賞金加算は規定により75パーセントとなったが、主催者である国際スポーツ振興協会(ISPS)様のご厚意により賞金の満額が選手へ支払われることになった。

松原は今回の優勝で、賞金175.5万円が加算され、今シーズンの獲得賞金を211万7966円とし、チャレンジトーナメント賞金ランキングは4位に上昇した。

優勝した松原には、「長嶋茂雄INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」の出場権と、「2017 ISPSハンダマッチプレー1回戦」の出場資格が与えられる。 


» 前のページに戻る

関連記事

広告