記事

JGTO Novil FINAL 2012

6アンダー66をマークした森田徹が通算9アンダーで単独首位に!〜チャレンジ最終戦「JGTO Novil FINAL」第2日〜

単独首位に躍り出た森田徹
2012年チャレンジトーナメント最終戦「JGTO Novil FINAL」(賞金総額1000万円・優勝賞金200万円)第2日は、10月18日(木)千葉県木更津市のザ・カントリークラブ・ジャパン(7,211ヤード パー72)にて36人が出場して行われた。

この日、8バーディ、2ボギーの6アンダー66をマークした森田徹がスコアを通算9アンダーと伸ばし、単独首位に躍り出た。袖ヶ浦カンツリークラブ新袖コースの社員である森田にとっては、今週は姉妹コースの袖ヶ浦コースで開催されているブリヂストンオープンに出場する予定だった。しかし、elite grips・JGTOチャレンジIVで優勝し、チャレンジトーナメントの賞金ランキングも14位に浮上した。賞金ランキング8位までに与えられる来年のツアー前半戦の出場優先権(第1回リランキングまで)のチャンスがでてきたので、本大会の出場を決めた。

そのためには優勝か2位に入らなければならない。森田も「そこしか見ていない」と並々ならぬ闘志を見せる。2日目はキャディさんの風の読みやグリーン上のラインの読みが見事に決まり、好スコアにつながった。

森田といえば、昨年もギリギリでツアー前半の出場優先権を獲得するチャレンジ賞金ランキング6位(昨年はチャレンジの試合数が10試合だったので、賞金ランキング6位まで)を死守した。そのおかげで今年はその権利でツアーにも出場することができたのだが、残念ながらツアーの方では、思ったような成績を出せなかった。そこに再びチャンスがやってきた。

彼がこの最後のチャンスを掴み取ることが出来るか、最終日のプレーに期待したい。

    関連記事