Tournament article

香妻陣一朗が「覚悟」の単独首位浮上

ツアー2勝目を狙う香妻陣一朗(こうづま・じんいちろう)が、1差の単独首位に浮上した。

「予報を見て今日は午後から風が吹く…と、それなりに覚悟をして出た」と、ティショットでフェアウェイウッドを多用。

風の影響を受けにくいショットを駆使して攻略。


もろアゲンストの10番では、6アイアンで打った160ヤードが押し戻されてグリーンに届かず。

30ヤードのアプローチを残したが、58度でチップイン。

ピンチを一転、バーディとした。

 

「乗らなくても、外し場所を考えたり。最悪のほうには行かないように」。

頭を使って攻めたおかげで4バーディ、2ボギーの「69」と、難条件で2つ縮めて通算7アンダーまで伸ばした。

 

今オフ、延べ1か月を過ごしたという宮崎での合宿では出水田大二郎ら、練習仲間と風光明媚な日南海岸を猛ダッシュ。

昨季終盤に感じた体力不足の解消につとめた。

 

血を吐くトレーニングを重ねたおかげで、分厚さを増した体はちょっとの風ではびくともしない。

 

2020年11月の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で覚醒のツアー初優勝を飾ると、2021年は再三のV争いで、悔しい2位が3回。

 「今年は早めに2勝目を挙げて3勝、4勝と重ねていきたい」。国内初戦から、さっそく好機を迎えている。

関連記事