Tournament article

南アのノリスが3人のプレーオフを制して逆転優勝

©JGTOimages
記念の第1回大会は通算21アンダーで3選手が並び、南アのショーン・ノリスがプレーオフ2ホールを制して逆転で今シーズン初勝利、通算5勝目を飾った。

初日から首位を走り続けた大槻智春は最終ホールでボギー。プレーオフ1ホール目にダブルボギーを叩いて脱落。
プレーオフ2ホール目のボギーで敗れたビンセントと並んで2位に終わった。

2打差の4位タイには石川遼、アンジェロ・キュー、杉本エリック、比嘉一貴、宋永漢(ソン・ヨンハン)、和田章太郎、内藤寛太郎の7人。
韓国の金成玹(キム・ソンヒョン)が、石川が持つツアー最少ストロークに並ぶ「58」を記録して11位タイにつけた。

関連記事