Tournament article

地元の1日でも早い復興を願って

アジア太平洋ゴルフ連盟と関西テレビ放送株式会社、三菱商事株式会社と公益財団法人 日本ゴルフ協会が主催する「アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップ」は日本とアジアンツアーの共同主管で行われ、アジア太平洋地域のNO.1を競います。

全国各地の名門コースを回るサーキットトーナメントは今年、茨城県の大利根カントリークラブでベテランの藤田寛之が連覇を狙いますが、コース近隣の常総市では、9月10日に襲来した台風18号の影響による集中豪雨により鬼怒川が決壊し、大変な水害に見舞われました。
被害に遭われた方々や、そのご家族の皆様に、この場をお借りして心よりお見舞い申し上げます。
出場選手、ならびに関係者一同は、1日でも早い地元の復興を、心よりお祈り申し上げます。

関連記事