P・マークセン

P・マークセン (56歳)

マークセン プラヤド

Prayad MARKSAENG

SINGHA

タイ

タイ

プロフィール

P・マークセン

 タイのホアヒン出身。16歳の時にロイヤルホアヒンGCでキャディを始め、本格的にゴルフに取り組む。25歳でプロ転向。同GCで仕事をしながらアジアンツアーに参戦していた。 日本ツアーには01年から本格参戦。08年は『三菱ダイヤモンドカップ』で初優勝を飾ると、次戦の『ミズノオープンよみうりクラシック』も制するなど計3勝。同年はタイ人選手として初めて『マスターズ』に招待された。13年は母国のナショナルオープン『タイオープン』で初優勝。感涙にむせんだ。 49歳となった15年に日本とアジアで各1勝し、17年は開幕戦の『SMBCシンガポールオープン』を51歳目前にして優勝。50代の選手が勝つのは11年ぶりのことだった。シニアツアーでは驚異的な強さを発揮している。シニア入りした16年以降、3年連続で賞金王。18年は自己最多の5勝をマーク。獲得賞金は約7536万円で歴代最多記録を更新した。(2019)

年齢
56歳
生年月日
1966年01月30日
身長
163cm
体重
68kg
血液型
O型
出身地
タイ
出身校
KHAO PHITAK高校
所属先
SINGHA
ゴルフ歴
4歳〜
ツアープレーヤー転向
1991年01月01日
ツアーデビュー戦
1997年09月11日 サントリーオープン
アマチュア時代の戦歴
1987サウスイーストアジアンゲーム(団体) 1988プトラカップ(団体・個人)

関連記事