記事

太平洋クラブチャレンジトーナメント 2022

やるべきことをやるだけ!河野祐輝が久々の優勝争い

1日4アンダーを想定していた河野祐輝が想定通りの2日間通算8アンダーで首位と2打差の3位につけた。

「このコースは日本プロが開催されたときからまわらせてもらっているので結構な回数をプレーしていますし、自分の中では好きなコースなんです。相性も悪くないと思っています。毎日4アンダーでまわれればいい位置にくるんじゃないかなと思っていたので、今のところは想定通りにできていますね」。

2018年の『Novil FINAL』以来となる優勝を狙うわけだが河野に気負いはない。

『明日は天気が悪いので、前半は様子を見ながら仕掛けるタイミングを見分けたいと思います。最終組だと思うので、様子を見ながら4アンダーを出して勝てなかったらしょうがないという気持ちで頑張りたいと思います」。

成長著しい若手との最終組みを河野なりに楽しむつもりだ。