Tournament article

<日光カンツリー倶楽部“名物”紹介>手打ち蕎麦・九尾庵

おいしい食事がそろったギャラリープラザで、とりわけ人気を博しているのが、「手 打ちそば・九尾庵 」のコーナーだ。

地元有志が集まって結成された「栃木県のうまい蕎麦を食べる会」の会員のみなさん が、運営している 。
人気の秘密は、お客さまの目の前で蕎麦を打って、販売している点だ。実演するの は、もちろん同会会 員のメンバーの方々だ。

それぞれ、他にも仕事を持つみなさんが毎日、持ち回りで会場に来て蕎麦を打つ。
この日初日の担当は、写真左から、高橋健治さん(会社員)、福嶋隆夫さん(歯科医 師)、木村立男さん(歯科医師)、小川修市さん(農業)の4人。

4人が丹精こめて打った蕎麦に、アツアツのだしと大きな海老天が豪快にトッピング されて、「はい、 お待ち!」。食欲をそそる海老天ソバは800円なり。

1番ホール右側のギャラリープラザで4日間、実演販売されている。日がかげるといっ きに冷え込むこの 季節。「あったかい手打ち蕎麦で、あったまっていってください!!」(高橋さん、 福嶋さん、木村さ ん、小川さん)。