Tournament article

第6回NPO法人西の郷スポーツクラブ・スナッグゴルフ親子大会を開催(9月3日)


今年で6回目となる、NPO法人西の郷スポーツクラブ・スナッグゴルフ親子大会が、初秋の心地よい気候の中、福島県のグランディ那須白河ゴルフクラブ・アカデミーコースで行われ、村内から29組の親や祖父母のペアが参加し、ひとつのボールを二人で交互に打ちながら親子が力を合わせてプレーを楽しんだ。



この大会は、村内の総合型地域スポーツクラブである、NPO法人西の郷スポーツクラブが主催して2017年からスタートした大会で今年は「ダンロップフェニックストーナメントチャレンジinふくしま」が開催されている会場で沢山の参加者と応援のご父兄たちにより盛大に行われた。



会場であるアカデミーコースは想像力をかきたてられるアンジュレーションがあり、苦戦するペアが多い中、2打差で7組が競る激戦となり、又、イーグルやアルバトロスに加えて、ホールインワンも飛び出して、ペアでハイタッチを交わすシーンも沢山見られ、親子のみならず祖父母との3世代に渡るスキンシップもありと、ゴルフの魅力を改めて感じさせられるホッコリとした大会となった。



西郷村では、毎年7月に、スナッグゴルフ対抗戦JGTOカップ全国大会in西郷村が開催されるなど、西郷村でのスナッグゴルフ活動は年々盛んになっており、総合型地域スポーツクラブであるNPO法人西の郷スポーツクラブでは、村内5校全校を繋いだ取り組みが展開されており、グランディ那須白河ゴルフクラブ、保護者の協力体制に加え、今年6月からはダンロップの住友ゴム工業株式会社が福島県でのゴルフの普及や地域の活性化を目的として、NPO法人西の郷スポーツクラブと協力、スナッグゴルフからゴルフへのステップする為に「中学生ゴルフ」を開設福島県プロゴルフ会がゴルフ大会を作り、その成績上位者がABEMAツアー「ダンロップフェニックストーナメントチャレンジinふくしま」に出場権と子ども達がゴルフをする体制が出来ている



尚、親子大会出場者を対象に、同じくグランディ那須白河ゴルフクラブで開催されている「ダンロップフェニックストーナメントチャレンジinふくしま」最終日にキッズエスコートとして登場、大会に花を添えた



<大会成績上位> 9ホール/507ヤード/パー36


優勝 中田隼人ペア(西郷村小田倉小6年)26ストローク
2位 大川原葉月ペア(西郷村立米小4年)27
3位 青木芙橙ペア(西郷村立川谷小6年)27
4位 江上蒼ペア(西郷村立熊倉小5年)28
5位 渡辺延和ペア(西郷村立小田倉小5年)28
6位 有賀大稀ペア(西郷村立川谷小6年)28
7位 長谷部颯ペア(西郷村立川谷小6年)28
※同スコアの場合には児童の年齢の小さい順に順位を決定


〈アルバトロス〉
長谷部颯ペア(西郷村立川谷小6年)3番ホール81ヤード


<ホールインワン>
青木芙橙ペア(西郷村立川谷小6年)2番ホール20ヤード
渡辺延和ペア(西郷村立小田倉小5年)8番ホール17ヤード
大川原葉月ペア(西郷村立米小4年)8番ホール17ヤード


<大会実施概要>
名称:第6回NPO法人西の郷スポーツクラブ・スナッグゴルフ親子大会
主催: NPO法人 西の郷スポーツクラブ
後援: 西郷村教育委員会
協力: グランディ那須白河ゴルフクラブ 一般社団法人日本ゴルフツアー機構(JGTO) 白河小峰ライオンズクラブ