Tournament article

好スタートを切るも無念の取り消し 米澤蓮は次戦に期待

スタートホールでバーディを奪い、早々に首位タイに立つなど逆転優勝に向けて、上々のスタートを切った米澤蓮だったが、悔しい最終ラウンドの取り消しとなった。

 

「天候のことなのでこればっかりはどうしようもないことなので。でも、やっと自分のゴルフの感触みたいなものが良くなってきたと感じることができました。今日はいい流れでスタートできたので18ホール戦いたかったのは素直に思うところですが、ゴルフの手応えが掴めたことに関してはポジティブにとらえています」。

 

米澤にしては珍しく、前日は興奮からか眠れなかったと話していたが「長いゴルフ人生なんでこういうこともあるかなと思います」と達観するあたりは米澤らしいところ。今週の収穫は必ず近い将来、生かしてくれるに違いない。