Tournament article

380ヤードドライブでイーグル締め!河本力が規格外のゴルフで3位に入る

最終18番ホールは570ヤードのパー5。河本力が放ったティショットはなんと380ヤード付近まで飛んだ。セカンドショットはピンまで197ヤード。7番アイアンで2m弱につけて会心のイーグルを奪った。

同組でプレーをしていた大塚大樹もその飛距離に驚愕。「今日一緒にプレーしてファンになっちゃいました(笑)」。18番ホールでは大塚自身も300ヤードほど飛ばしていたにも関わらず80ヤード近く置いていかれたのだから無理もない。

この日の河本は2イーグル、4バーディ、1ボギーの7アンダー64という内容。通算14アンダーで3位に入った。優勝には届かなかったものの、規格外のゴルフの内容は今後の試合での活躍に大いに期待が高まった。

「今日はパッティングでカップに蹴られることが多くて。ただ、ティショットは全体的にいい感じで打てていたのでリズム良くゴルフはできました。ゴルフのフィーリングはそれほど悪くないんですけど、最近は結果に結びつかなくて。そんな中で今日は後半の6ホールだけですが気持ち良く、思い通りにゴルフができて終われたのは来週以降の試合ですごくいい流れで挑めるかなと思っています」。

試合で実績を積む度に怪物に変貌していく河本のこれからに目が離せない。