Tournament article

植竹勇太は仕返しならず。でも収穫いっぱい

「ガツーン」の仕返しには届かなかった。

プロ6年目の植竹勇太は最終日を首位と1差の2位で出て、2打差の3位で初優勝を逃した。

 

大量アンダー勝負で序盤にもたついたのが響いた。

 

1アンダーで折り返した後半、12番から「やっとパターが入り出した」と、4つのバーディで食らいつき、最後の18番では第2打で、首位との2差を一気に埋めるイーグル狙い。

一発逆転の1打をグリーン奥にこぼして終戦。「リズムに乗ってきたところで終わってしまった」と、嘆いた。

 

昨季2位2回のうち、「ISPS HANDA ガツーンと飛ばせ ツアートーナメント」で5打差の首位から出て大逆転負け。

 

同一スポンサー大会でのリベンジは実現しなかったが最終日は2週連続優勝を狙った大学同期の比嘉一貴と、永久シード選手の片山晋呉とプレー。

 

「試合の一貴は知らなかったので。お互い集中してできた」。先週、ツアー3勝したばかりのゴルフを間近で見られたのはよかった。

 

またこの日が初ラウンドだったという片山には前日3日目のプレー後に、グリップを習ったという。

「今日は凄く良いリズム感でプレーされていて。とても良い勉強になりました」。

「とりあえず」での収穫は多かった。



次は必ず

関連記事