Tournament article

一般営業の石岡で81ホール目の勝利から6年。池田勇太が再び(ライブ配信中です)

会場の茨城県、小美玉市のPGM石岡ゴルフクラブのギャラリーに、ここでのもっとも新たな勝者の写真が飾られている。



 

優勝杯を手に赤いチェックのブレザー姿で微笑むのは現在ツアー通算21勝の池田勇太

 

2016年に行われた第2回の「ホンマツアーワールドカップ」は前代未聞の優勝劇だった。

通算14アンダーで並んだ池田と韓国の宋永漢(ソンヨンハン)とのプレーオフ(18番繰り返し)は、4ホールをかけても決着せず、なんと翌月曜日に持ち越し。

早朝、一般営業のメンバーさんが隣でスタートするなか再開し、そこからさらに5ホール要して計9ホール目にやっと通算15勝目(当時)を手にした。

 

その年計3勝。初の賞金王にも就いた。

当時31歳の記憶が色濃く残る舞台に再び立ち、「6年前はプレーオフも含めて81ホールもやりました。長かったですけど、最終的には勝ったのでイメージとしては凄くいいです」。

 

開幕前日のプロアマ戦では、いつものようにゲストの1打1打につきっきりで指導。共に一喜一憂しながら、懐かしい空気を吸った。

 

2013年から選手会長を3期つとめて昨年は、選手として史上初の選手会事務局長に就任。

多忙を極めて、2019年まで11季続けてきた勝ち星を逃したが、大学先輩の宮里優作にゆだねた今年は「ゴルフに集中できる」と、再び本業に本腰入れる。

 

6年前からさらに5勝を積み重ねて永久シードの25勝にあと4勝と迫るが、「それもひとつひとつの積み重ね」。

新たな勝利を求めてひた歩く。

 

伝説のチャンピオンが帰ってきた。

茨城県のPGM石岡ゴルフクラブで行われる「今週の新規大会ISPS HANDA 欧州・日本、とりあえず今年は日本トーナメント!」は、4日間ともYouTube(こちらから!)と有料放送の「DAZN」「スカパー」でご覧いただけることになりました(※1番と18番ホールのみ)。

ぜひ、お好きなチャンネルに合わせて熱戦をお楽しみください。