Tournament article

「どっちが勝つか」は延期。「とりあえず」は日本単独トーナメント開催へ(2月21日公開)

今年の新規トーナメントとして日程に組み込まれていた「ISPS HANDA 欧州・日本どっちが勝つかトーナメント!」が、2023年に延期されることになった。

 

2月21日に、大会主催者である国際スポーツ振興協会(ISPS)の半田晴久・会長が、都内で会見を行い正式に発表された。

 

本大会は、史上初となるDPワールドツアー(ヨーロピアンツアー)とジャパンゴルフツアー共催のトーナメントとして行われる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大を要因とする海外から日本への入国制限や、入国後の隔離措置等の影響が大きいことからやむなく来年に持ち越されることになった。

 

また、同大会の開催延期に伴い、当初の日程の4月21日―24日には、開催予定コースだった茨城県のPGM石岡ゴルフクラブで、別の新規トーナメントとして「ISPS HANDA 欧州・日本、とりあえず今年は日本トーナメント!」が行われることが決まった。

 

さらに、本新規大会に先立ち4月6日―8日には、茨城県のロックヒルゴルフクラブ レイクコースで「ISPS HANDA・ヨーロッパへの道トーナメント」が行われることも合わせて発表された。

 

これは、昨年の出場予選会「ファイナルQT」に進出できなかった選手を対象にしたもので、上位2名には本戦の「ISPS HANDA 欧州・日本、とりあえず今年は日本トーナメント!」の出場権が与えられる。

また、上位2名の次位者から15名には、9月21日―23日の「ISPS HANDA ヒーローになれ!チャレンジトーナメント(静岡県・中伊豆グリーンクラブ)」の主催者推薦出場が受けられるなど、「ファイナルに行けなくても、希望を捨てず、頑張って下さい」という主催者からのメッセージという。

 

この日の記者会見に出席した日本ゴルフツアー機構・会長の青木功は、「日本の男子ゴルフトーナメント史上初となる、JGTOとヨーロピアンツアー(DPワールドツアー)による共催トーナメントで、しかも日本での開催ということで、JGTOとしても、私個人としても、とても楽しみにしていましたので、残念な気持ちです」と、「ISPS HANDA 欧州・日本どっちが勝つかトーナメント!」の開催延期には、少し声を詰まらせながら、「ヨーロピアンツアーとの共催は私にとっても夢でした。来年こそは、万全(ばんぜん)の体制で、半田会長、ISPSの皆さん、ヨーロピアンツアーと一緒になって、最高のトーナメントを作り上げていきたいと思います」と、力をこめた。

 

その一方で、「ISPS HANDA 欧州・日本、とりあえず今年は日本トーナメント!」および「ISPS HANDA・ヨーロッパへの道トーナメント」の新規開催について、「大会名がとてもユニークで、半田会長らしいネーミングですが、来年の共催大会の前哨戦として、おおいに盛り上げていきたいと思います」と、共催としての意気込みを語り、「半田会長、ISPSの皆さま方、いつもジャパンゴルフツアーを支えていただきまして、本当にありがとうございます」と、感謝を込めた。

 

そして、「この大会(「ISPS HANDA 欧州・日本、とりあえず今年は日本トーナメント!」)は、今年の国内3戦目として開催されます。出場する選手たちには、今シーズンのスタートダッシュをするべく、熱いプレーを期待したいと思います」と、選手たちにも奮起を促すと共に、「トーナメントを開催していただく半田会長、ISPSの皆さま方に対して、常に感謝の気持ちを持って、この大会に出場してもらいたいと思っています」とコメントした。

 

なお、「ISPS HANDA 欧州・日本、とりあえず今年は日本トーナメント!(4月21日―24日、茨城県・PGM石岡ゴルフクラブ)」は賞金総額1億円で開催される。

 

また、「ISPS HANDA・ヨーロッパへの道トーナメント(4月6日―8日、茨城県・ロックヒルゴルフクラブ レイクコース)」は、賞金総額1000万円、優勝賞金は200万円。132選手の出場を予定し、エントリーフィーは無料とのこと。


半田会長、いつもジャパンゴルフツアーを支えていただきまことにありがとうございます!