Tournament article

久常涼はスペイン→和合でまさにぶっつけ1アンダー「良い経験」

久常涼(ひさつね・りょう)は、初出場の和合で4バーディ、3ボギーの「69」。1アンダーの38位タイでスタートした。

 

昨季のABEMAツアー賞金王でレギュラー昇格し、今季は10代優勝を目指す19歳だが「全然、疲れてます。しんどいです」と苦笑したのは、大会初日の28日朝、会場入りしたばかりだから。

 

名古屋を目指して、岡山県の実家を出たのは早朝5時。

車に揺られて和合に到着したのが8時30分。

 

まずは出場登録を済ませて体を慣らし、打撃練習は100球ほど。

アプローチとパット練習で、1時間ずつ。

あっという間にスタート時刻の11時40分を迎えて、ぶっつけ本番の和合に臨んだ。

 

無理して遠出をしてきた甲斐はあったと思える初日となった。

 

当初、先週の開催予定だった日本と欧州共催の「ISPS HANDA 欧州・日本、どっちが勝つかトーナメント!」がコロナの影響で延期となり、「とりあえず」として日本と欧州で、同時に行われた代替試合で久常は、欧州ツアー(DPワールドツアー)を選択。

 

「ISPSハンダ選手権inスペイン」に挑戦してきた。

 

渡欧を決めたのは、開催の2週間前だった。

「航空券とかもばたばたでした」と、準備もそこそこだったが「これからの将来を考えて、海外でやりたい。トライしていきたい気持ちが強かった」と、飛び出した。

 

久常は、日本ツアーでも飛ぶ方だが当地で回った選手はみな、飛距離を駆使するより、コントロール重視のテクニシャンばかり。

 「日本ツアーでも厳しいピン位置の時はしっかりコントロールする技術が必要になってくる」。

 まさに今週の和合がそうで、「肌で感じた。同じような動きをしたら、そういう球になる。今週に向けてもイメージができました」と、スペインで和合の疑似体験もしてきた。

 

残念ながら、予選落ちして戻ったが「数ホール大叩きして、取り返せないミスになってしまっただけで、自分的には感触の良い中でプレーを終えられた。すごい収穫があったし良い経験、行って良かった」。

 

手応えを土産に日曜日にトンボ返りし、そこから陰性が出るまで3日間、隔離期間を活用してYouTubeに没頭。

下見ラウンドの代わりに今大会の過去映像や、今週火曜のCS放送「ゴルフネットワーク」の練習ラウンド生中継を子細に見て「欲が出るとこのコースは大トラブルになる」と、察知できた。

 

"リモート練習”のおかげで「今日は気楽なイメージで。スムーズに行けた」と欧州遠征の余韻を駆使して、同組の星野陸也と@中島啓太さんと、同スコアの1アンダーでまとめて上がってきた。


 「先週の経験が今週につながっている」。

さらに確信の2日目に向かう。


久常(右)はスペインから帰国ホヤホヤ。同組の星野と@中島さんに遅れずプレー©JGTOimages


<29日・第2ラウンド中継スケジュール>

■CBCテレビ

1355分~1650

 

■ゴルフネットワーク

7時~12時(1番ホール生中継)

 

■YouTube(こちらから!!)

1200~最終組ホールアウト(18番ホール生中継)

関連記事