記事

Masters Tournament 2022

松山英樹は14位。シェフラーが優勝(マスターズ最終日)

松山英樹は史上4人目の連覇をかけた闘いを、通算2オーバーで終えた。

 

首位と11差の14位タイから出た最終日は「72」。

イーブンパーに止まった。

 

「6アンダー、7アンダーくらい目指して頑張っていたんですが、最初からパットを入れることができなかったのが苦しかった」と、スタートの1番でさっそく2メートル弱のバーディチャンスを逃すと、そこから連続ボギー。

 

右バンカーから刻んだ2番のパー5は、3打目も奥にこぼして乗せられず、3番も2打目のミスでパーオンに失敗。

 

でも、攻める姿勢は貫いた。

240ヤードと距離のある4番パー3で、手前から距離のないピンに向かって奥2メートルにワンオン。

 

次の5番はグリーンの外からパターで約10メートルをねじ込むなど昨年覇者の風格を見せたが、この連続バーディの直後に、6番で3パット。

痛恨のボギーを今度は次の7番で、約1.5メートルにつけてまたすぐ奪い返したものの、前半最後の9番をボギー。

 

1オーバーで折り返した後半も、12番パー3で約7メートルを入れながら13番で再び3パットのボギーを打つなど一進一退だった。

 

第1打が林のほうへ飛び、刻んだ第3打を約2メートルにつけた15番のパー5が今週最後のバーディとなった。

 

14位タイで終戦し、「なかなかいいプレーができなかったが、悪くてもこの位置で回れていることは良かったかな」。

 

アジア勢初の勝者に就いてから1年。

昨10月に日本開催の「ZOZOチャンピオンシップ」で勝ち、今年1月の「ソニーオープン」でアジア勢最多の米8勝と走り続けたが、先月初めに首などの痛みを発症。

 

直前まで治療につとめてきた。

万全ではない中でも、上位争いを演じて「パッティング以外はだいぶ戻ってきたなという感じはあるので、もう少し体力をつけて、練習をしっかりしたいなと思います」と話し、来年のマスターズについて「まずケガをしないでここに乗り込んできたいと思います」と、グリーンジャケットを次の勝者に着せかけた。

 

優勝は、通算10アンダーでアメリカのスコッティ・シェフラー。

先月の初優勝から一気に3勝。世界ランク1位でオーガスタに乗り込み4勝目を初メジャーで飾った。

 

16、17年を日本ツアーで戦った韓国のイム・ソンジェは通算1アンダーの8位タイ。

昨年2月の大事故から復帰のタイガー・ウッズは2日連続の「78」で通算13オーバーの47位だった。